このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000081413
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00086
事例作成日
(Creation date)
2009年12月15日登録日時
(Registration date)
2011年03月09日 14時51分更新日時
(Last update)
2011年06月02日 13時17分
質問
(Question)
次の2つについて書かれている資料を紹介してほしい。
(1)イザベラ・バードの著作『日本紀行』、『日本奥地紀行』についての研究書、論評、評価している資料
(2)イザベラ・バードについて書かれている資料
回答
(Answer)
市内所蔵検索、NDL-OPAC、CiNii、MAGAZINEPLUSで検索、および『伝記・評伝全情報95/99西洋編』、『英米文学研究文献要覧』1995~1999、2000~2004で調べ、入手できる資料を確認し、回答した。
(1)については3点紹介。
・加納孝代「イザベラ・バード『日本奥地紀行』 ― 十九世紀最大の女性旅行家イザベラ・バード ―」『国文学解釈と鑑賞』1995年3月号,p.114~123
・佐々木博「書評イザベラ・バード著,時岡敬子訳:イザベラ・バードの日本紀行」『地理学評論』2009年9月号,p.491~493
・『イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む』  宮本常一/著、平凡社、2002
 (この資料は『古川古松軒/イザベラ・バード(旅人たちの歴史 3)』(未来社、1984)を改題したもの)

(2)について6点紹介。
・『イザベラ・バード旅の生涯』 O.チェックランド/著、日本経済評論社、1995
・『イザベラ・バードを歩く 『日本奥地紀行』130年後の記憶』 澤 克彦/著、彩流社、2009
・『性のポリフォニー』原田平作、溝口宏平/編、世界思想社,1990(p.131~150に「旅する女性 ― イザベラ・バード論に向けて」金坂清則著があり)
・金坂清則「イザベラ・バードとその意義(人文地理学会1996年度大会特別研究発表)」『人文地理』49巻1号(1997.2),p.76~78
・角田悦哉「イザベラ・バードの奇跡 ―彼女が見逃したもう一つの会津(随筆)」『三田文学』2001年秋季号,80(67),p.146~148
・小野崎 晶裕「イザベラ・バード試論 : パット・バー著『ある女性の奇妙な人生』に寄せて」『作新学院大学女子短期大学部紀要』 29, 76-47, 2006-03-15 (これはCiNiiで全文閲覧可能)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
英米文学  (93 9版)
参考資料
(Reference materials)
『伝記・評伝全情報 95/99西洋編』 日外アソシエーツ株式会社/編集、日外アソシエーツ、2000
『伝記・評伝全情報 2000-2004西洋編』 日外アソシエーツ株式会社/編集、日外アソシエーツ、2005
『英米文学研究文献要覧 2000〜2004』 安藤 勝/編集、日外アソシエーツ、2006
『英米文学研究文献要覧 1995〜1999』 安藤 勝/編集、日外アソシエーツ、2001
キーワード
(Keywords)
Bird,Isabella Lucy
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000081413解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!