このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000081360
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0506
事例作成日
(Creation date)
2010/03/23登録日時
(Registration date)
2011年03月09日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年03月09日 02時01分
質問
(Question)
「被措定有」「定有的」という言葉の読みや意味など、こういったことを調べるのに適した参考図書。
回答
(Answer)
『ヘーゲル用語事典』岩佐茂ほか編 (未来社 1991)
『ヘーゲル事典』加藤尚武ほか編 (弘文堂 1992)
これらをの事典を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
1 ネット上の国語辞典・百科事典で調べる
Yahoo!辞書では、オンライン版の『大辞林』や『日本大百科全書』などを調べることができる。いずれもヒットすれば即答可能だが、今回はあいにくヒットがない。なお、一般検索エンジンによると、どうやら哲学用語であることが分かった。

2 国語辞典を調べる
・『広辞苑(第6版)』 (岩波書店 2008)
・『日本国語大辞典(第2版)』 (小学館 2001)
→これらの国語辞典には載っていなかった。「措定」なら項目がある。

3 分野の専門事典を見る
・『哲学字彙訳語総索引』飛田良文編 (笠間書院 1979)
・『哲学・論理用語辞典』思想の科学研究会編 (三一書房 1995)
・『岩波哲学・思想事典』広松渉ほか編 (岩波書店 1998)
・『ラルース哲学事典』D・ジュリア著 片山寿昭監訳 (弘文堂 1998)
・『哲学・思想翻訳語事典』石塚正英ほか監 (論創社 2003)
・『哲学キーワード事典』木田元編 (新書館 2004)
→これらには載っていない。

・『哲学辞典』 (平凡社 1979)
→p.964に「定有」あり。ヘーゲルの用語とあるので次の資料を見る。
・『ヘーゲル用語事典』岩佐茂ほか編 (未来社 1991)
→p.64, 85に該当あり。
・『ヘーゲル事典』加藤尚武ほか編 (弘文堂 1992)
→『日本の参考図書』(日本図書館協会、2002 p.60)に挙げてある事典。当館未所蔵だが、この事典にも該当がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 ヘーゲル用語事典 岩佐/茂[ほか]編 未来社 1991.7 134/4R/51 64、85

2 哲学事典 平凡社 1979 103/3R/9 964

3 哲学字彙 訳語総索引 飛田/良文編 笠間書院 1979.10 103/1R/3

4 哲学・論理用語辞典 思想の科学研究会編 三一書房 1995.4 103/3R/20B

5 岩波哲学・思想事典 広松/渉[ほか]編集 岩波書店 1998.3 103/3R/22

6 ラルース哲学事典 D・ジュリア著 片山/寿昭監訳 弘文堂 1998.9 103/3R/25

7 哲学キーワード事典 木田/元編 新書館 2004.10 130/R/89

8 哲学・思想翻訳語事典 石塚/正英監修 柴田/隆行監修 論創社 2003.1 103/3R/31
キーワード
(Keywords)
ヘーゲル Hegel,Georg Wilhelm Friedrich 弁証法 哲学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介;事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000081360解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!