このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000080848
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000104135
事例作成日
(Creation date)
2010年10月29日登録日時
(Registration date)
2011年02月25日 19時21分更新日時
(Last update)
2011年02月25日 19時21分
質問
(Question)
山口県吉敷郡上宇野令村について書かれた資料はないか。
回答
(Answer)
「上宇野令村」は、『山口市史』等によると、明治38年4月1日に「山口町」と合併している。

参考資料1~9を紹介。

資料1(p321~322):「上宇野令村」の簡単な歴史、巻末には「行政区画・石高・戸口一覧」の表あり。

資料2(p175~176):「宇野」、(p276)には「上宇野令」「上宇野令村」の説明あり。

資料3(p135):「宇野令」の簡単な説明あり。

資料4(p21~42):「第三章 元山口」(明治38年に上宇野令村と合併して新しい山口市になる以前の山口町域)、「第四章 上宇野令」(同じく主に合併以前のこと)、「第五章 下宇野令」(大正4年7月1日に山口町と合併)あり。資料5、6の古文書の内容にも触れられている。

下記資料5、6:江戸時代の古文書の復刻版で、当時の村々の様子を調査したもの。

資料5には、「町村沿革一覧」の表、及び(p632~647)「吉敷郡宇野令村石高境目書」「吉敷郡宇野令由来書」あり。(享保~宝暦期のもの)

資料6(p1~227)には、「上宇野令之一」から「上宇野令之九」があり、「上宇野令之一」の始めに村内の状況が書かれている。(天保期のもの)

資料7(19丁):「牟禮 近藤芳樹云今存牟禮郷也」とある。

資料8、9:時代順の山口の歴史。関係箇所は次のとおり。

資料8(p257~265)には、「第六篇 自治町政時代 第四章 上宇野令の合併」。

資料9(p381~383)には「1 上宇野令村との合併」の中に「上宇野令の沿革と合併の経緯」の項目あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国地方  (217 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『日本歴史地名大系 36』 平凡社 1980.8 当館請求記号:Y290/L 0/ p321、708
2 『角川日本地名大辞典 35』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編 角川書店 1988.12 R291.03/K 8/ p175、276
3 『山口県地名考』 高橋文雄∥著 1978.02 Y290/K 8/ p135
4 『山口市史』 山口市史編纂委員会 山口市役所 1961.03 Y247/I 5/ p31 地区篇
5 『防長地下上申 第2巻』 山口県地方史学会∥編修 山口県地方史学会 1979.9 Y290/K 8/ p632、643
6 『防長風土注進案 13』 山口県文書館∥編修 山口県立山口図書館 1961.11 Y290/J 0/ p1
7 『存採叢書和名抄諸国郡郷考 10』 鶴峯/戊申∥著 近藤圭造 1885 W081.6/B 5/ 19丁
8 『山口市史』 山口市史編纂委員会∥編 山口市役所 1955.10 Y247/I 5/ p257 通史篇
9 『山口市史』 山口市史編集委員会∥編集 山口市 1982. Y247/L 2/ p381
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000080848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!