このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000079859
提供館
(Library)
愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2110019)管理番号
(Control number)
愛知県図-02060
事例作成日
(Creation date)
1996/06/16登録日時
(Registration date)
2011年02月24日 02時03分更新日時
(Last update)
2012年07月04日 11時32分
質問
(Question)
ヨコクビリクガメ(別名ロシアガメ、ホルスフィールドリクガメ)を飼っているのだが、掲載されている図鑑はないか。
回答
(Answer)
「ヨコクビリクガメ」ではなく、「ヨツユビリクガメ」が正しい名称です。以下の【資料1-16】の資料が見つかりました。「図鑑」資料なら、【資料1-5】。「飼育法」なら、【資料6-16】があります。
回答プロセス
(Answering process)
各種の動物・爬虫類事典では、「ヨコクビガメ」は「ヨコクビガメ」科の総称でリクガメではなく、「ヨコクビリクガメ」の名は出ない。「別名 ホルスフィールドリクガメ、ロシアガメ」とあるので、こちらから索引を検索する。結果、【資料1,4,9】で、「ホルスフィールドリクガメ」を確認。同時に【資料4】から「ヨツユビリクガメ、ロシアガメとも呼ばれる」とあるので、「ヨツユビリクガメ」でも検索。【資料6】で「ヨツユビリクガメ。ホルスフィールド・ロシア亀等の商品名がある」、【資料7】「ロシアリクガメ、ホルスフィールドリクガメなどと呼ばれることがある」等記述があり、同一種と判明する。ちなみに、【資料10】で、ヨツユビリクガメの名称は「四肢の爪が4本あるので、ヨツユビリクガメ」、【資料5】p13で「ロシアガメ」「ホルフィールドリクガメ」の命名は「旧ロシア領に分布していることから、ロシアリクガメ、学名からホルスフィールドリクガメと呼ばれることもある」と記載されている。質問が「飼育方法」「生物の特徴」「自然状況」かは不明なので、網羅的に挙げてみる。以下の【資料1-16】の内容の多くは、大きさ・分布・適温・食性。特に差異のある内容のみ記載。資料は出版年順に列記した。
【資料1】 掲載名「ホルスフィールドリクガメ」。別名は掲載されず、検索も不可。
【資料2】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称検索はできない。
【資料3】 掲載名「ホルスフィールドリクガメ」。「ヨツユビリクガメ」で目次索引できる。 
【資料4】 野生化にあると思しき写真あり。亜種の区別・分布域地図も記載。掲載名は「ホルスフィールドリクガメ」。別称「ヨツユビリクガメ」「ロシアガメ」で、別称検索はできない。 
【資料5】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称検索は不可。亜種については、「4亜種に分けられるが、亜種の判断は曖昧な点も多い」。掲載亜種は「カザフスタンヨツユビリクガメ」。 
【資料6】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称として「ホルフィールド」「ロシア亀」(検索不可)。 
【資料7】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称「ロシアリクガメ」「ホルスフィールドリクガメ」。別名検索不可。 
【資料8】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。解説に「別名はロシアガメ」。 別称検索はできない。
【資料9】 掲載名「ホルスフィールドリクガメ」。「ヨツユビリクガメ」「ロシアガメ」検索可。 
【資料10】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。「ロシアガメ」の名称で索引検索できる。「3亜種いる」。
【資料11】 掲載名「ホルスフィールドリクガメ」。別名「ロシアリクガメ」「ヨツユビリクガメ」。 
【資料12】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。索引では、別名検索はできない。 
【資料13】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称で「ホルスフィールドリクガメ」「ロシアガメ」が挙げられているが、索引はない。 
【資料14】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。「ロシアガメ、ホルフィールドリクガメ」。別名検索できず。
【資料15】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。英名は「Central Asian Tortoise」。 
【資料16】 掲載名「ヨツユビリクガメ」。別称に「ロシアガメ」「ホルスフィールドリクガメ」。「ヨツユビリクガメ」で索引から検索できる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
水産増殖.養殖業  (666 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『両生・はちゅう類(小学館の学習百科図鑑 36)小学館 1982年 (1104948810 BJ487/ハラ/494881 )
【資料2】『爬虫類・両生類200種図鑑』ピーシ-ズ 1997年 (1107393791 R487.9 /スガ/739379 )
【資料3】『カメ (育てて、しらべる 日本の生きものずかん)』集英社 2005年 (1108662061 J487/ヤヘ/866206)
【資料4】『リクガメ (世界のリクガメ図鑑)』誠文堂新光社 2005年 (1108933899 666.79/ヤマ/893389 )
【資料5】『爬虫類・両生類ビジュアル大図鑑1000種』誠文堂新光社 2009年 (1109805178 R666.79/エヒ/980517 )
【資料6】『爬虫両生類飼育図鑑 カメ・トカゲ・イモリ・カエルの飼い方』マリン企画 1991年 (1105693242 B487.9/セン/569324)
【資料7】『爬虫類 (爬虫類・両生類と仲良くなる)』 成美堂出版 1992年 (1106098311 487.9/ウチ/609831  )
【資料8】『カメの医・食・住』どうぶつ出版 1996年 (1107067310 487.95/トク/706731)
【資料9】『カメの飼育ガイドブック 新版』真菜書房 1997年 (1107239236 487.95/ハイ/723923)
【資料10】『カラー図鑑 カメのすべて』成美堂出版 1997年 (1107332508 487.95/タカ/733250 )
【資料11】『リクガメの飼い方』創芸社 1998年 (1107514707 487.95/トム/751470)
【資料12】『爬虫両生類飼育入門Q&Aマニュアル』緑書房 1998年 (1107628913 487.9/デイ/762891)
【資料13】『ザ・リクガメ』誠文堂新光社 2003年 (1108288360 666.79/シオ/828836 )
【資料14】『リクガメ大百科』マリン企画 2003年 (1108378708 666.79/コイ/837870 )
【資料15】『生き物の飼育(がくしゅう大図鑑)』世界文化社 2006年 (1108951968 BJ480/ヒタ/895196)
【資料16】『新版 リクガメの医・食・住』どうぶつ出版 2007年 (1109357800 666.79/スカ/935780)
キーワード
(Keywords)
爬虫類
リクガメ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000079859解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!