このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000078913
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
C10-008
事例作成日
(Creation date)
2011年02月22日登録日時
(Registration date)
2011年02月22日 16時54分更新日時
(Last update)
2011年04月26日 18時01分
質問
(Question)
ビタミンCの定量法(定量法として一般的であり、詳細かつ簡易に図解されたもの)を知りたい。
回答
(Answer)
『衛生試験法・注解』(ISBN:4307470362)pp.228-232に掲載あり。
回答プロセス
(Answering process)
【調査戦略】
・利用者の求めるのは「定量法として一般的であり、詳細かつ簡易に図解されたもの」なので、図書資料を中心に調査する。(個々の論文単位では、どれが一般的なものとして確立されているのか判別がつかない。)
・化合物には、体系名と慣用名があり、慣用名だけでは正確な調査ができないため、体系名も確認しておく。

【回答プロセス】
・「ビタミンC」を日化辞webで検索すると、体系名は「L-アスコルビン酸 」であり、「ビタミンC」は慣用名であることがわかった。また、『化学辞典』等の参考図書を確認すると、「ビタミンC」の項目には「ビタミンC→アスコルビン酸」や「ビタミンC=アスコルビン酸」と書かれていた。よって、調査に使うキーワードは「ビタミンC」および「アスコルビン酸」とする。
・化学書資料館を検索すると数点ヒットしたが、内容的にも分量的にもご希望に合致するものが見つからず。
・薬局方(厚生労働省よりPDF公開あり)を調査すると、「ビタミンAの定量法」はあったが、ビタミンCは数行程度しかなかった。ビタミンAの方法に似ているかもしれないとのことなので、本文を見ていただいたが、使われている試薬が違った。試薬名でも検索してみたが、該当する箇所はなし。
・和書コンテンツを検索すると、載っていそうな資料が数点ヒット。うち本学所蔵は『食品分析学』(4563073628)、『五訂増補日本食品標準成分表分析マニュアル』(4767961106)『栄養学・食品学を学ぶための食品学実験』(9784874480427)。
・参考図書をブラウジング。化学書資料館を検索した際に『実験化学講座』の「分析化学」でヒットしたものがいくつかあったので、『分析化学便覧』改訂5版(462104950X)と『分析化学便覧』改訂四版(462103653X)を見てみると、該当箇所はほんの数行。しかし典拠文献に『衛生試験法・注解』(4307470362)や『ビタミン分析法』(475980191X)『水溶性ビタミン』(4807902180)が挙がっていた。これら現物を確認したところ、『衛生試験法・注解』pp.228-232に掲載されている情報が、利用者のご希望に最も合致していると思われた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
分析化学[化学分析]  (433 9版)
参考資料
(Reference materials)
分析化学便覧 / 日本分析化学会編. - 改訂4版 (462103653X)
分析化学便覧 / 日本分析化学会編. - 改訂5版 (462104950X)
衛生試験法・注解 / 日本薬学会編  (4307470362)
ビタミン分析法. / 化学同人 (475980191X)
水溶性ビタミン / 東京化学同人 (4807902180)
化学辞典 / 大木道則 (4807904116)
キーワード
(Keywords)
ビタミンC
アスコルビン酸
定量
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000078913解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決