このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000078046
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00046
事例作成日
(Creation date)
2010年03月19日登録日時
(Registration date)
2011年02月15日 11時51分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 12時03分
質問
(Question)
1867年以降(オーストリアとハンガリーの間で結ばれたアウグスライヒ(妥協)後)のハンガリー王国(ライタ以東)の状況、特に王国内の諸民族の動向について触れている図書を探している。何かいい資料があれば紹介してほしい。
回答
(Answer)
王国内の諸民族の動向をテーマとして1冊でまとめられたものはなかった。
ハンガリーの歴史について書かれた図書の中に、1867年以降のハンガリー王国の状況について触れられている箇所があったので、それらを紹介した(【資料1】~【資料9】)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ドイツ.中欧  (234)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『ハンガリー革命史研究 東欧におけるナショナリズムと社会主義』 羽場久ミ子著 勁草書房 1989 ( p118~「第2章 第3節 妥協以後における民族運動の停滞と発展」)
【資料2】『世界現代史 26 ハンガリー・チェコスロバキア現代史 』 山川出版社 1978 ( p69~「二重帝国時代のハンガリー」)
【資料3】『ハンガリー史 2巻』 パムレーニ・エルヴィン編  恒文社 1995 ( p45~「第8章 二重君主国(1867年~1919年)」)
【資料4】『ハンガリー人 光と影の千年史』 パウル・レンドヴァイ著  信山社出版 2008 ( p287~「第24章 敗北の中の勝利:妥協と二重帝国のその後」)
【資料5】『フランツ・ヨーゼフ ハプスブルク最後の皇帝』 江村洋著 東京書籍 1994 ( p133~「第2部 オーストリア=ハンガリー帝国 第1章 アウスグライヒ(和協)の成立」)
【資料6】『オーストリア=ハンガリーと少数民族問題 クロアティア人・セルビア人連合成立史』 月村太郎著 東京大学出版会 1994 ( p65~「第2章 ナゴドバ体制の確立(1867-1883年)」)
【資料7】『ハプスブルク帝国1809-1918 オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史』 A.J.P.テイラー著 筑摩書房 1987 ( p268~「第15章 一八六七年以後のハンガリー、カーロマン・ティッサとマジャール人ジェントリー」)
【資料8】『ブダペシュト史 都市の夢』 南塚信吾著  現代思潮新社 2007
【資料9】『ハプスブルクの実験 多文化共存を目指して』 大津留厚著 中央公論社 1995 (オーストリアを中心とした内容だが、民族について触れられている。)
キーワード
(Keywords)
ハンガリー王国
アウグスライヒ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000078046解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!