このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000078039
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
23-24
事例作成日
(Creation date)
2008年05月27日登録日時
(Registration date)
2011年02月15日 10時37分更新日時
(Last update)
2013年10月09日 14時02分
質問
(Question)
愛媛県内における戦後の映画興業の隆盛がわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
○映画の隆盛に関する記述
【資料1】p735~745
【資料2】p437~441
【資料3】p667~669、p671~682(芝居小屋一覧。映画館と兼ねたものを含む)

○映画館に関するエッセイ
【資料4】「映画館は滅びず 第1回~第35回」(松山市内の映画館ごとに、簡単な歴史と上映作品を解説)
【資料5】佐伯知紀著「番外編・愛媛の映画館(愛媛の映画人12)」
【資料6】佐伯知紀著「佐々木良一1、2(愛媛の映画人13、14)」

○愛媛県内映画館住所等
【資料7】p485~486 (昭和18年5月調査)
【資料8】p206~209(映画館一覧)、巻末広告(愛媛県6市映画館案内)(1949年9月1日基準)
【資料9】p416~418(映画館一覧)、p266~267(映画関係団体)、p185(1950年1月から6月の主要映画館興行成績)(1950年9月1日基準)
【資料10】p552~558(映画館一覧)、p346(映画関係団体)、p273(1950年4月から1951年3月各月の入場税調査)(1951年10月10日基準)

○愛媛県に縁のある映画関係者に関するエッセイ、論考
【資料11】p15~47「特集愛媛の映画人」
【資料12】佐伯知紀著「愛媛の映画人 1~61」

2011.02.15 追加
【資料13】(大正期に設立された映画館・敷島館の創始者・岡部静代の人生。無声映画時代から1960年代までの愛媛県内映画興行に関する記載多し)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
映画  (778 9版)
四国地方  (218 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『松山市史第3巻』(松山市史編集委員会 松山市役所 1995年 K231~49~3)
【資料2】『愛媛県史 近代 下』(愛媛県史編さん委員会編集 愛媛県 1988年 K200~31)
【資料3】『愛媛県史 芸術・文化財』(愛媛県史編さん委員会~編集 愛媛県 1986年 K200~31)
【資料4】雑誌「松山百点」239号~273号(松山百店会 2004年~2010年)
【資料5】雑誌「えひめ雑誌」第10巻第3号(通巻103号)(愛媛新聞社 1997年3月)
【資料6】雑誌「えひめ雑誌」第10巻第4号(通巻103号)~第10巻第5号(通巻105号)(愛媛新聞社 1997年4月~5月)
【資料7】『映画年鑑 昭和18年』(日本映画雑誌協会 1943年 778~18)
【資料8】『映画年鑑 1950年版』(時事通信社 1949年 778~30~1)
【資料9】『映画年鑑 1951年版』(時事通信社 1951年 778~30~2)
【資料10】『映画年鑑 1952年版』(時事通信社 1952年 778~30~3)
【資料11】雑誌「文化愛媛 50号」(愛媛県文化振興財団 2003年3月)
【資料12】雑誌「えひめ雑誌 92~152号」(愛媛新聞社 1996年4月10日号~2001年4月10日号)
【資料13】『チリも積もれば映画館 新居浜敷島館物語』(久米 雄三/著 日本文学館 2010年 K913.6~クユ~2010)
キーワード
(Keywords)
活動写真
シネマ
キネマ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000078039解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!