このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077828
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00067
事例作成日
(Creation date)
2009年10月26日登録日時
(Registration date)
2011年02月09日 20時54分更新日時
(Last update)
2011年06月02日 13時17分
質問
(Question)
「流泉・啄木」の全文を知りたい。
回答
(Answer)
質問者のいう「流泉・啄木」の文は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】~【資料2】によると、楽琵琶で、流泉、啄木、楊真操と合わせて三大秘曲とされているとのこと。
【資料3】にはp.395に上原石上流泉琵琶調同前の楽譜のような写真が載っているが、歌詞はついていない。
学校の教科書に載っていたとのことなので、【資料4】や【資料5】を調べるが、載っていない。
【資料6】に啄木、石上流泉が収録されているが、曲のみで歌詞は無い。
【資料7】に、日本琵琶楽協会という団体が載っていたので、電話で問い合わせたところ、「流泉・啄木は奈良朝時代に雅楽の琵琶曲と一緒に大陸から伝わった曲で、その頃の曲には歌詞は無かったと認識している」との回答を得た。
事前調査事項
(Preliminary research)
利用者からの情報によると、学校の国語教科書に載っており、題名は「流泉・啄木」となっており、冒頭は、「木肌を食ろうことは難しといえども生きてわかるるには如かず…」だったはず、とのこと。
NDC
邦楽  (768 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『〈図解〉世界楽器大事典』 黒沢隆朝/著、雄山閣、2005
【資料2】『邦楽曲名事典』 平凡社、1994
【資料3】『大日本史料 第7編之13』 東京大学史料編纂所/編纂、東京大学出版会、1984
【資料4】『尋常小学国語読本』 ノーベル書房、1974
【資料5】『国定教科書内容索引 尋常科修身・国語・唱歌篇 国定教科書内容の変遷』 国立教育研究所附属教育図書館/編、広池学園出版部、1966
【資料6】CD「平安朝殿上人の秘曲」 東京楽所/[ほか]演奏、日本コロムビア、1992
【資料7】『全国各種団体名鑑 2009 中巻』 原書房編集部/編、原書房、2009
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077828解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決