このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077549
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR10090013
事例作成日
(Creation date)
2010年9月17日登録日時
(Registration date)
2011年02月03日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年02月03日 10時28分
質問
(Question)
レンブラントの「額縁の中の少女」という絵を探しています。
東京富士美術館で開催中の『ポーランドの至宝 レンブラントと珠玉の王室コレクション』で日本初公開されているとのことで、インターネットでは確認できるのです(『レンブラントのモナリザ』と称されるほどの名作とあります)が、掲載されている本が見つかりません。
回答
(Answer)
残念ながら掲載されている図書は見当たりません。

1.この絵は1994年にワルシャワのRoyal Castle collectionへ寄贈されています。それまではCountess Karolina Lanckronskaが所有しており、ソビエトとコミュニズムから自由になったあと彼女が家族から受け継いだ莫大な遺産を寄贈したものと思われます。いつごろからLanckronski家が所蔵していたかわかりませんが、所蔵していた間、世には出てなかったのではと思われますが。

*Lanckoronski Collection
In 1994 Countess Karolina Lanckoro?ska donated 37 pictures to the Royal Castle. Collection includes two paintings (portraits) by Rembrandt: The Father of the Jewish Bride (also known as The Scholar at the Lectern) and The Jewish Bride (also known as The Girl in a Picture Frame)[12] both originally in the Stanis?aw August Poniatowski collection.[13]「Royal Castle, Warsaw」より抜粋


*A patriot all her life, Lanckoronska bequeathed her family's enormous art collection to her beloved Poland only after her homeland became free from communism and Soviet occupation. The Lanckoronski Collection may now for the most part be seen in Warsaw's Royal Castle and Krak?w's Wawel Castle.「Countess Karolina Lanckoronska」より抜粋

2.ご質問の事前調査欄によれば「2004年から2006年にかけての調査によりレンブラントのオリジナルと確定された。」とありますが
この時のレンブラント調査プロジェクトの責任者はWeteringであり、調査報告書が出てるようですが、当館では所蔵しておりません。
大学に所蔵館があります。関西大学と京都大学が所蔵しています。
A corpus of Rembrandt paintings / Ernst van de Wetering ; with contrib
utions by Karin Groen ... [et al.] ; with the collaboration of Paul Br
oekhoff, Michiel Franken, Lideke Peese Binkhorst ; translated by Jenni
fer Kilian, Katy Kist, Murray Pearson. -- (BA74750281)
Dordrecht : Springer
v. ; 35 cm
注記: Description based on [v.] 4 ; At head of title: Stichting Foun
dation Rembrandt Research Project
著者標目: Rembrandt Harmenszoon van Rijn, 1606-1669 ; Wetering, Erns
t van de, 1938- ; Stichting Foundation Rembrandt Research Project
分類: LCC : ND653.R4 ; DC19 : 759.9492 ; NDC8 : 723.359
件名: Rembrandt Harmenszoon van Rijn, 1606-1669 -- Addresses, essays
, lectures

3.調査しました資料について言いますと、『西洋美術全集絵画索引』(東京都中央図書館/監修 1999.4)【723/107N】。この資料に「ユダヤの 花嫁と父親」というタイトルの作品は出てきません。「ユダヤの許婚者/ユダヤの花嫁」は当館所蔵の全集は調査いたしました。

 また『西洋絵画名作レファレンス事典1 中世~19世紀中葉』(日外アソシエーツ 2009.9)【723/248N】にも「ユダヤの許婚者/ユダヤの花嫁」のタイトルしか出てきておりません。2関連で「2004年から2006年かけて」レンブラントの作品であることが確定されたのならば、それまではレンブラントの項目で検索しても出てこないのではとも思いますが。

それ以降に出版された美術全集のようなものでは『週刊世界の美術館』(講談社 2008.7.30-) があるようですが、現在のところレンブラントは出されていないようです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『東京富士美術館-ご展覧会の案内』で確認できた情報は以下の通りです。
・1641年作 ワルシャワ王宮所蔵
・1777年よりポーランド最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ(1732-1798)のコレクションに収められていたもので、2004年から2006年にかけての調査により、レンブラントのオリジナルと確定された。
・かつては『ユダヤの花嫁と父親』というタイトルで呼ばれ、対の作品と考えられていた。

上記の情報から考えて、2004年以前の出版物にはレンブラント作としては出ていないのでしょうか?
 「レンブラント」マイケル・キツソン/著 西村書店 1997年 資料番号1113383580
 「レンブラント」クリスティアン・テュンペル/著 中央公論社 1994年 資料番号012330054
 「レンブラント、フェルメールの時代の女性たち」尾崎彰宏/著 小学館 2008年  資料番号115774406
 「名画に描かれた女性たち」高草茂/著 2008年 資料番号1115814517

NDC
洋画  (723 8版)
参考資料
(Reference materials)
『原色世界の美術7 ベルギー・オランダ(改訂版)』(小学館 1989)
『講談社版世界美術11 バロック・ロココ』(坂本満/編 講談社 1966)
『世界の美術館:講談社版22 アムステルダム美術館』(A・ファン・スヘンデル/編 講談社 1968)
『原色世界の美術』(小学館)
『ルーヴルとパリの美術6 オルセー美術館2』(小学館 1986.9)
Royal Castle, Warsaw (ホームページ: http://en.wikipedia.org/wiki/Royal_Castle,_Warsaw )
Countess Karolina Lanckoro?ska (ホームページ: http://en.wikipedia.org/wiki/Countess_Karolina_Lanckoro%C5%84ska )
キーワード
(Keywords)
ポニャトフスキ ポーランド Lanckronski
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000077549解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!