このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077470
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-1D-201009-03
事例作成日
(Creation date)
2010年07月13日登録日時
(Registration date)
2011年02月02日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年09月04日 00時30分
質問
(Question)
祇園祭に「後祭」があるが、これが「あとの祭り」の語源か。「あとの祭り」の語源と意味を知りたい。
回答
(Answer)
『大辞泉』(小学館)【あと‐の‐まつり 【後の祭(り)】】の項目は、下記の通り。
1 祭りのすんだ翌日。また、その日、神饌(しんせん)を下ろして飲食すること。後宴。
2 祭りのあとの山車(だし)のように、時機遅れで、むだなこと。手遅れ。

語源については、諸説あり。

1)『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房,2010)を調査
【あとのまつり】の項目(p.29)には、「諺は、京都祇園祭(十七日)の還車の行事<あとのまつり>」とは別」と記述有り。

2)『日本語慣用句辞典』(米川 明彦/編 大谷 伊都子/編 東京堂出版,2005.12)
【後の祭り】の項目(p.22.23)には、「京都の祇園祭のクライマックスの七月十七日の山鉾巡礼の後の祭りを指し」と記述有り。

3)『日常語の意味変化辞典』(堀井 令以知/編 東京堂出版,2003.6)

【あとのまつり】の項目(p.17.18)には、祇園祭の後の祭りに触れているが、語源と明記はしていない。


関連情報として『日本歴史地名体系』【船鉾町】の項に、祇園会に巡行する鉾の説明に「後祭(あとのまつり)」の語句があることをご紹介。ただ、語源については記述なし。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベースを調査

「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)

“あとのまつり”で検索、『大辞泉』【あと‐の‐まつり 【後の祭(り)】】・ 『日本国語大辞典』【あとの祭(まつり)】の項目あり。
『大辞泉』(小学館)【あと‐の‐まつり 【後の祭(り)】】の項目は、下記の通り。
1 祭りのすんだ翌日。また、その日、神饌(しんせん)を下ろして飲食すること。後宴。
2 祭りのあとの山車(だし)のように、時機遅れで、むだなこと。手遅れ。

どちらも祇園祭にはふれていない。

『日本歴史地名体系』【船鉾町】の項に、祇園会に巡行する鉾の説明に「後祭(あとのまつり)」の語句があることをご紹介。ただ、語源については記述なし。

「KOD研究社オンライン辞書検索サービス」(英語辞書他)

“あとのまつり”で検索、『大辞林』【後の祭り】の項目あるが、語源はなし。


2.辞典類を調査

1)『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房,2010)を調査

【あとのまつり】の項目(p.29)には、「諺は、京都祇園祭(十七日)の還車の行事<あとのまつり>」とは別」と記述有り。

2)『日本語慣用句辞典』(米川 明彦/編 大谷 伊都子/編 東京堂出版,2005.12)

【後の祭り】の項目(p.22.23)には、「京都の祇園祭のクライマックスの七月十七日の山鉾巡礼の後の祭りを指し」とは別」と記述有り。

3)『日常語の意味変化辞典』(堀井 令以知/編 東京堂出版,2003.6)

【あとのまつり】の項目(p.17.18)には、祇園祭の後の祭りに触れているが、語源と明記はしていない。

下記の辞書類には記載なし

1)『故事ことわざ名文句上手な使い方事典』(山本 真帆/[ほか]編著 ジャパンコミュニケーションシステム 1993.7)
2)『新編故事ことわざ辞典』(鈴木 棠三/編著 創拓社 1992.8)
3)『慣用句の辞典 -日本語を使いさばく-』(現代言語研究会/著 あすとろ出版 2007.12)
4)『京都暮らしの大百科 : まつり・伝承・しきたり12カ月』(梅原 猛/監修 森谷 尅久/監修 市田 ひろみ/監修 淡交社,2002.11)
5)『日本語源大辞典』(前田 富祺/監修 小学館,2005.4)
6)『語源のたのしみ(5)』(岩淵 悦太郎/[著] 毎日新聞社,1977)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0011108340>  日本語慣用句辞典 米川 明彦/編 東京堂出版 2005.12 4-490-10677-7
商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)『日本国語大辞典』・『日本歴史地名体系』・『大辞泉』
商用データベース「KOD研究社オンライン辞書検索サービス」(英語辞書他) 『大辞林』
『日本語源広辞典』増井 金典/著, ミネルヴァ書房,2010.4 ISBN 978-4-623-05494-7,<当館書誌ID:0012067859>
『日常語の意味変化辞典』堀井 令以知/編 東京堂出版,2003.6 ISBN 4-490-10622-X<当館書誌ID:0010541260>
キーワード
(Keywords)
祇園祭
後祭
あとの祭り
語源
あとのまつり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077470解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!