このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077168
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
23―10
事例作成日
(Creation date)
2000年11月10日登録日時
(Registration date)
2011年01月26日 15時11分更新日時
(Last update)
2013年10月09日 11時55分
質問
(Question)
1)喜多郡内子町は昔、櫨(ハゼ)の栽培が盛んだったそうだが、今でもそうか。
2)内子の櫨に関する資料館はあるか。
回答
(Answer)
1)【資料1】・【資料2】によると、江戸期から明治期にかけて木蝋生産が盛んで、その原料の櫨の栽培を農家の副業として行っていた。しかし、明治30年以降は製蝋が衰退し、現在は特産物として挙げられるほどではない。
【資料3】(製蝋業の豪商の養女が主人公の小説)にも大正期に衰退していく様子が描かれている。
2)櫨ではなく木蝋だが「木蝋資料館 上芳我邸」( http://www.town.uchiko.ehime.jp/site/kamihagatei/ :内子町ホームページ・2011年1月26日確認)がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
林産製造  (658 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『新編内子町誌』(内子町、1995)
【資料2】『愛媛県百科大事典』(愛媛新聞社、1985)
【資料3】『花炎』(佐和みずえ/著、双葉社、1997)
キーワード
(Keywords)
内子町(愛媛県)
上芳我邸(かみはがてい)
木蝋(もくろう)
蝋燭(ろうそく)
ハゼ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000077168解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!