このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077021
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
中央 参考 058
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年01月22日 13時45分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 14時12分
質問
(Question)
 小学生のときにリボンを木の棒に巻きつけながら踊る、メイ・ポールダンスというのをしました。あの踊りは何か意味があるのでしょうか?
回答
(Answer)
 ヨーロッパには五月祭という行事があります。
 『世界大百科事典』によると、五月祭は古い時代の樹木信仰に由来し「春になってよみがえった樹木の霊魂の恩恵にあずかろうとして、五月一日に〈五月の樹〉や〈五月の柱Maypole〉を立て、五月祭を祝った」そうです。
 『イギリス祭事カレンダー』には、「メイ・ポールは成長と繁栄の象徴として、公共の場に立てられ、リボンや花々で飾りつけられます。(中略)十九世紀になって、メイ・ポールの先端に長いリボンが取り付けられ、子どもたち一本一本その端を持ち、ジグやリールの曲に合わせて踊りました。男子は右回り、女子は左回りに踊りながらリボンを編んでいきます。」とあります。
 春の到来を祝い、豊作・豊穣を祈る気持ちが込められた踊りのようです。なお、福岡女学院では一九一六(大正五)年から、五月の創立記念日にメイ・ポールダンスを行っています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典 10』 平凡社 1988年 〈031/セ/10〉 (98頁)
『イギリス祭事カレンダー』宮北惠子、平林美都子著 彩流社 2006年 〈386.3/ミ〉 (36~39頁)
『フランスの祭りと暦』マリ=フランス・グースカン著 原書房 1991年 〈386.3/グ〉 (19~25頁)
『イギリス祭事・民俗事典』チャールズ・カイトリー著 大修館書店 1992年 〈386.3/カ〉 (240~247頁)
『図説ヨーロッパの祭り』谷口幸男、遠藤紀勝著 河出書房新社 1998年 〈386.3/タ〉 (80頁)
『イギリス歳時暦』チャールズ・カイトリー著 大修館書店 1995年 〈386.3/カ〉 (94頁)
『ヨーロッパの祝祭』レオン・マルケ他編 河出書房新社 1996年 〈386.3/マ〉 (91~101頁)
『福岡女学院百年史』福岡女学院百年史編集委員会編 福岡女学院大学 1987年 〈K376.260/フ〉 (104~105頁)
『仮面 ヨーロッパの祭りと年中行事』遠藤紀勝著 社会思想社 1990年 〈G386.3/エ〉 (152~153頁)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000077021解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決