このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000077018
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006995
事例作成日
(Creation date)
2010年12月15日登録日時
(Registration date)
2011年01月22日 13時20分更新日時
(Last update)
2011年01月22日 13時20分
質問
(Question)
天明の飢饉の時に人間の肉を食べたということがあったか。
回答
(Answer)
「楚堵賀浜風(そとがはまかぜ)」「天明凶歳日記」「天明卯辰簗」などの当時の文献に、天明の飢饉の際に人間の肉を食べた状況についての記録がある。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで件名「カニバリズム」で検索し、『人肉食の精神史』(大西俊輝著 東洋出版 1998年)そ見ると、第1部「飢餓の人肉食」第1章「飢饉の時代」に、天明の飢饉の際の人肉食の様子を、次の史料から紹介している。
・「楚堵賀浜風(そとがはまかぜ)」※菅江真澄による津軽地方の旅日記
・「天明凶歳日記」※津軽藩士の記録
・「天明卯辰簗」※八戸藩の俳人・上野家文による記録
・「後見草」※杉田玄白による随筆集
・「天明三癸卯ノ歳大凶作天明四辰ノ歳飢渇(けかち)聞書」※八戸藩の晴山忠五郎による覚書
※紹介した史料の掲載図書については、参考文献としてp465に掲載されている。

2.自館システムで件名「飢饉」を検索し、近世の飢饉の様子に関する資料を確認すると、次のものに関連の記述があった。
(1)『飢饉:飢えと食の日本史(集英社新書)』(菊池勇夫著 集英社 2000年)では、第2章「飢饉のなかの民衆」3「人・馬を食う」の項で、次の史料から紹介している。
・「饑渇負」※京都の医者・橘南谿
・「凶年之様子書」※津軽地方の飢饉記録
(2)『飢饉から読む近世社会』(菊池勇夫著 校倉書房 2003年)では、第3節「語られる人食い-事実と「事実」の間」で、「楚堵賀浜風(そとがはまかぜ)」から紹介している。また第4章「飢饉と肉食-天明の飢饉を例に」でも人肉食について述べている。第5節「肉食の極限状態」では、「北行日記」「天明卯辰簗」「飢渇聞書」に記述の内容を紹介している。
(3)『飢饉日本史(雄山閣Books)』(中島陽一郎著 雄山閣 1981年)の第2章「近世三大飢饉の惨状」2「浅間山の噴火で灼熱地獄の「天明飢饉」」の7「ついに稀代の食人鬼が出現」では、「飢饉通考」「東遊記・補遺」「東遊記」に記述の内容を紹介している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
民俗学.文化人類学  (389 9版)
農業経済・行政・経営  (611 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人肉食の精神史』(大西俊輝著 東洋出版 1998年) (p3-22)
『飢饉:飢えと食の日本史(集英社新書)』(菊池勇夫著 集英社 2000年) (p81-87)
『飢饉から読む近世社会』(菊池勇夫著 校倉書房 2003年) (p43-49,135-165)
『飢饉日本史(雄山閣Books)』(中島陽一郎著 雄山閣 1981年) (p67-69)
キーワード
(Keywords)
天明の飢饉
飢饉
カニバリズム
江戸時代
人肉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
日本の歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000077018解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!