このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076805
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-0052
事例作成日
(Creation date)
2010年12月9日登録日時
(Registration date)
2011年01月19日 15時59分更新日時
(Last update)
2011年03月02日 13時37分
質問
(Question)
宮沢賢治の家系と、野村胡堂夫人・野村ハナの家系に繋がりはあるか?
回答
(Answer)
 両者の家系に繋がりはある。血はつながっていないが、遠い親戚である。

 『カタクリの群れ咲く頃の 野村胡堂・あらえびす夫人ハナ』(参考資料1)に
よると、野村胡堂の妻・野村ハナ(旧姓:橋本)の実家である紫波の橋本家と、
宮沢賢治は遠い親戚であることが記載されている。

 具体的にどのような繋がりがあるのかは、次の通り。

 『<新>校本宮澤賢治全集 第16巻下[1]  補遺・資料 年譜篇』(参考資料2)には
宮沢賢治の家系図中、母系宮沢家に橋本理八・キク夫妻の記載がある。
この花巻の橋本家と、野村胡堂の妻・野村ハナ(旧姓:橋本)の実家である紫波の橋本家
は、祖が同じ橋本家であることが、『東北文庫 第6巻第4号〔昭和26年〕薫風号』
(参考資料3)に記載がある。

 
参考資料1 『カタクリの群れ咲く頃の 野村胡堂・あらえびす夫人ハナ』
 p.31 本文一部抜粋
 “宮沢賢治。ハナは思いがけず、おばに連れられて誕生の祝いに行っている。
 血はつながっていないが、橋本家とは遠い親戚になる。”

参考資料2 『<新>校本宮澤賢治全集 第16巻下[1]  補遺・資料 年譜篇』
 p.10~15 母系宮沢家の家系についての記載。
 p.24~25 家系図

参考資料3 『東北文庫 第6巻第4号〔昭和26年〕薫風号』
      (第6巻第1~8号 合冊資料)
 p.29~30 (商店界の道標 老舗銘々伝(4))「大津屋呉服店」
 備考:大津屋呉服店の祖は関東柏崎(神奈川)の人であり、大槌に上陸後橋本氏は
 盛岡で柏屋を名乗り、一子徳右衛門が分家して大津屋を開業。本家柏屋はその後
 紫波の彦部に隠遁、これが橋本惣八を含む橋本家の本家。大津屋は4代目の
 利八(養子)の後、5代目の喜助の代で花巻に移った。
 p.32~33 (商店界の道標 老舗銘々伝(4))「宮沢商店」
 備考:本文中に橋本喜助・さめ夫妻について記載あり。

 その他、花巻と紫波の橋本家について記載がある資料は以下の通り。

<花巻の橋本家について>
参考資料4 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 3 岩手県姓氏歴史人物大辞典』
 p.985~986 「橋本」
 備考:(二)に花巻の橋本家の記載。

参考資料5 『稗貫風土記 第1巻 人物篇』
 p.75~76 「橋本喜助」
 p.191~192 「宮澤嘉助」本文中、橋本喜助の名前が見える。

参考資料6 『巌手青森秋田東北三県名士肖像録』
 p.36 「橋本喜助」

<紫波の橋本家について>
参考資料7 『野村胡堂・あらえびすの研究』
 p.104 本文一部抜粋
 “橋本家は南部藩士、祖は元々盛岡に住み、盛岡城の取り締まりの業務を担い、後に、
 鉄砲の指南役を務めた。彦部に移り屋号を柏屋と称した。当主橋本亀太郎にハチ(姉)と
 ハナ(妹)がいた。ハチは惣八を花巻から迎え橋本家を相続した。橋本惣八は村の助役を
 4年、村会議員7年、大正4年から9年まで紫波郡の郡会議員を務めた。”

参考資料8 『彦部邨郷土誌』
 p.150 「橋本惣八家」
 備考:橋本市治、亀太郎、ハチ、惣八について記載。

参考資料9 『盛岡タイムス』2008年4月13日4面 
 「父からの手紙 159 野村胡堂に注いだ愛情」 紫波町彦部公民館長 八重嶋勲∥著
 備考:本文中に橋本ハナ(野村胡堂の妻・野村ハナ)の家系について記載あり、一部伏字。
回答プロセス
(Answering process)
1 姓氏辞典、人物辞典、地方史、野村胡堂関連資料でハナ夫人に
  ついての資料を調査。

2 上記1の調査で得られたキーワード「柏屋」「大津屋」「橋本喜助」
  「橋本惣八」等で検索。

3 関連機関として「野村胡堂・あらえびす記念館」にレフェラル調査依頼。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
日本文学  (91 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『カタクリの群れ咲く頃の 野村胡堂・あらえびす夫人ハナ』 藤倉 四郎/著 青蛙房 1999年
2 『<新>校本宮澤賢治全集 第16巻下[1]  補遺・資料 年譜篇』 宮沢賢治/[著] 宮沢 清六/[ほか]編 筑摩書房 2001年
3 『東北文庫 第6巻第4号〔昭和26年〕薫風号』(第6巻第1~8号 合冊資料) 新岩手社 1951年
4 『角川日本姓氏歴史人物大辞典 3 岩手県姓氏歴史人物大辞典』 角川書店 1998年
5 『稗貫風土記 第1巻 人物篇』 八木英三/編・発行 1951年
6 『巌手青森秋田東北三県名士肖像録』 遠藤永吉/編 有終社 1902年
7 『野村胡堂・あらえびすの研究』 外崎菊敏/著・出版 2008年
8 『彦部邨郷土誌』 佐川盛造/著 彦部地区公民館 1965年
9 『盛岡タイムス』2008年4月13日4面
キーワード
(Keywords)
宮沢賢治
野村胡堂
野村ハナ(橋本ハナ)
橋本家
柏屋
大津屋
橋本喜助
橋本惣八
照会先
(Institution or person inquired for advice)
野村胡堂・あらえびす記念館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000076805解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決