このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076704
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20101129/257
事例作成日
(Creation date)
2010年11月29日登録日時
(Registration date)
2011年01月17日 16時20分更新日時
(Last update)
2011年01月17日 16時20分
質問
(Question)
『能登名跡志』に今の能登の「高洲山」について「夫木抄などにある中納言家持卿の歌に、狩人の来ぬ日もありて高淵の山の雉子はのどけからまし」とある。「夫木抄」のこの歌を見たい。
回答
(Answer)
『新編国歌大観 第2巻 [1]』「新編国歌大観」編集委員会編 角川書店 1984(911.1/1268/2-1)p647「かり人のこぬ日ありともたかふちの山のきぎすはのどけからじな」
『作者分類 夫木和歌抄』山田清市,小鹿野茂次著 風間書房 1981(911.1/1208)「本文篇」p639。「かり人のこぬ日ありともたかふちの山のききすはのとけからしな」
なお「たかふちの山」は能登の地名ではないらしい。
回答プロセス
(Answering process)
『新編国歌大観 第2巻 [1]』「新編国歌大観」編集委員会編 角川書店 1984(911.1/1268/2-1)に「夫木和歌抄」が収録されてた。「かりうとの」ではじまる歌があったが、探しているものではなかった。大伴家持の歌集を見るなど一時迷走した。
その後、「かりひとの」ではないかと気付き、改めて『新編国歌大観 第2巻』を見るとp647に「相模」の作で「かり人のこぬ日ありともたかふちの山のきぎすはのどけからじな」が載っていた。「たかふち山、近江、大和」と注(?)があり、どうやら能登の地名ではないらしい。
『作者分類 夫木和歌抄』山田清市,小鹿野茂次著 風間書房 1981(911.1/1208)
「本文篇」p639で歌の表記を確認。「かり人のこぬ日ありともたかふちの山のききすはのとけからしな」とあった。
続いて「たかふち山」の候補を探した。
『古代地名大辞典 本編』角川文化振興財団編 角川書店 1999(R291.03/10027)p882-883
「たかふちのごう 竹淵郷〈京都府〉平安期に見える郷名。「和名抄」山城国久世郡十二郷の1つ…」と「たかふちのごう 竹淵郷〈大阪府八尾市〉奈良・平安期に見える郷名。「和名抄」河内国渋川五郷の1つ…」があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編国歌大観 第2巻 [1]』「新編国歌大観」編集委員会編 角川書店 1984 (911.1/1268/2-1)
『作者分類 夫木和歌抄』山田清市,小鹿野茂次著 風間書房 1981 (911.1/1208)
キーワード
(Keywords)
大伴家持
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076704解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決