このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076657
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000001541
事例作成日
(Creation date)
2006/10/03登録日時
(Registration date)
2011年01月17日 02時01分更新日時
(Last update)
2011年01月20日 17時22分
質問
(Question)
トーンチャイムについて書かれてあるもの、その歴史・成立について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料、インターネット情報より、トーンチャイムについて書かれてある資料を紹介。但し、その歴史や成立について詳しく触れてあるものは見当たらなかった。
資料1:白黒写真1枚。歴史などの記述なし。
資料2:トーンチャイムの特徴や使い方、各部の名称あり。歴史などの記述なし。
資料3:トーンチャイムを中心につかった曲の楽譜など。
・〔IKUKO音楽教室のジオログ(個人ブログ)〕 http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/mama195h/view/20060430 (最終確認2010/6/5)リハビリ用楽器として開発したクワイアチャイムを、スズキ楽器がトーンチャイムとして普及させたものとの記述あり。
・〔Wikipedia:ハンドベル〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AB (最終確認2010/8/19)ハンドベルは、17世紀ごろにイギリスでキリスト教の教会のタワー・ベル(チャーチ・ベル)の練習をするために生まれた楽器。正式名称をイングリッシュハンドベルという。アメリカで、独立した楽器となり、賛美歌をはじめとして、色々なジャンルの曲を演奏するようになった。

<2010/8/19追記>
・〔鈴木楽器(トーンチャイム情報)〕 http://www.suzuki-music.co.jp/product/tonechimes.html (最終確認2010/6/5)※トーンチャイムを普及させたメーカーのページ。歴史などについては触れていない。
・〔同志社女子大学トーンチャイムサークル(トーンチャイムの歴史)〕 http://joyousbells.web.fc2.com/about_tonechime.html (最終確認2010/6/5)トーンチャイムは、今から40年ほど前に、日本で教会音楽の普及のためにつくられた楽器。トーンチャイムは、ハンドベルを元につくられ、軽く、安く、コンパクトの3拍子を揃えているとの記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 自館OPACで「トーンチャイム」「音楽療法」などのキーワードで検索。また、心理療法(146.8)や楽器(763)などの書架に直接あたる。

以下、調査済資料(トーンチャイムの記述なし)。
・『図解世界楽器大事典』(雄山閣出版,1994)
・『楽器図鑑』(音楽之友社,1968)
・『楽器の百科』(全音楽譜出版社,1966)
・『世界の楽器百科図鑑』(東洋書林,2002)
・『図解音楽の世界5打楽器』(偕成社,1994)
・『打楽器事典』(音楽之友社,1981)
・『音楽のはじまり1打楽器のはなし』(リブリオ出版,1993)
・『ハンドベル演奏の手引き』(玉川大学出版部,1997)
・『音楽療法事典』(人間と歴史社,1999)
・『音楽療法』(ミネルヴァ書房,1996)
・『音楽療法最前線』(人間と歴史社,1994)
・『やさしい音色の処方箋』(家の光協会,2005)
・『音楽療法へのアプローチ』(音楽之友社,1997)
・『あなたに伝える音楽療法のエッセンス』(音楽之友社,2006)

(2) インターネットで「トーンチャイム」検索。

<参考>トーンチャイム・・・ハンドベルに似た楽器。特に奏法もなく軽量で手に持ちやすく、演奏も簡単。音楽療法の実践の場でもよく使われている。鉄琴をばらして振り子をつけたような楽器。(【資料1・2】より)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
臨床心理学.精神分析学  (146 8版)
楽器.器楽  (763 8版)
参考資料
(Reference materials)
音楽療法の実践,加藤 美知子/[ほか]著,星和書店,1995.6, (1995、p223「参考資料1 楽器の紹介」 【資料1】)
高齢者のための音楽療法的音楽活動入門,北村 英子/著,ひかりのくに,2003.10, (2003、p16「ミュージックベル・トーンチャイムの活動について」 【資料2】)
静かな森の大きな木,生野 里花/編集,春秋社,2001.10, (2001、p41~59「楽器をつかって―トーンチャイムを中心に」 【資料3】)
キーワード
(Keywords)
リハビリ(リハビリ)
クワイアチャイム(クワイアチャイム)
Tone Chime(トーンチャイム)
鈴木楽器(スズキガッキ)
ハンドベル(ハンドベル)
音楽療法(オンガクリョウホウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076657解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!