このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076653
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000001881
事例作成日
(Creation date)
2008/03/11登録日時
(Registration date)
2011年01月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月20日 17時22分
質問
(Question)
「いろはうた」について、意味・内容・読み方がわかる本がみたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1:p9~11「いろは歌は平安時代に作られ、十一世紀後半以降、急速に流布し始めた「同じ文字なき歌」である」とあり、四十七文字の異なるかなを用いた「いろは」と、釈文の記載もある。また、「この歌は、通常、『大般涅槃経(だいはつねはんぎょう)』聖行品に出ている四句の偈「諸行無常、是生滅法、生滅滅巳、寂滅為楽」を翻案したものと言われている。この翻案説は、平安時代末期、興教大師・覚鍐(かくばん)による「いろは歌」の注釈書『伊呂波釈可有事等(いろはしゃくあるべきことども)』の中で、初めて唱えられたものである」とあり、どの句がどの歌と対応しているかも書かれてある。
資料2:「いろは」と「いろは歌」の記載あり。
資料3:現存する最古の「いろは歌」とその読み方あり。
資料4:「いろは歌」のひらがな書き、歌謡の読み方、「いろは歌」についての覚鍐の解釈あり。
資料5:【資料4】の原本

<2010/10/29追記>
資料6:p667に、「いろは歌」は、すべての仮名を、同じ仮名を繰り返さずに読み込んだ、七語調の今様の様式をとった四七字の歌とあり、「いろは歌」の記載もある。また、p668「いろはがるた」には、「いろはがるた」の和歌風、江戸(京都で行われ江戸にきたもの)、京都、大阪(名古屋)のものが一覧表になっている。
回答プロセス
(Answering process)
(1)自館OPACで、キーワード「いろは」で検索。

(2)仮名文字、いろは歌(811.5)の書架、参考資料の百科事典にもあたる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 8版)
参考資料
(Reference materials)
いろは歌の謎を解く,光田 慶一/著,けやき出版,2005.10, (2005、p9~11「いろは歌とは何か」 【資料1】)
「いろは歌」の暗号,村上 通典/著,文芸春秋,1994.1, (1994、p14~16「「いろは」と「いろは歌」」 【資料2】)
「いろは歌」の暗号文,久保田 克己/著,文芸社,2004.11, (2004 p14~16「現存する最古の「いろは歌」」 【資料3】)
いろはうた,小松 英雄/[著],講談社,2009.3, (2009、p24~25「伊呂波の外形とその内容」 【資料4】)
いろはうた,小松 英雄/著,中央公論社,1979.11, (1979、※【資料4】の原本 【資料5】)
日本大百科全書,第2巻,小学館,1985, (1985、p667「いろは歌」 ※貸出禁止資料 【資料6】)
キーワード
(Keywords)
いろはうた(イロハウタ)
仮名(カナ)
伊呂波(伊路波・色葉)(イロハ)
歌謡(カヨウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!