このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076650
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000000841
事例作成日
(Creation date)
2006/11/05登録日時
(Registration date)
2011年01月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月20日 17時22分
質問
(Question)
①お遍路の回り方で、「逆打ち」と「順打ち」とあるがこの言われ、②お遍路を回っていると、弘法大師に会えると言われているが、この言い伝えについて、③お遍路はどういう理由から始まったのか、④お遍路に関する怖い話が映画化(『死国』1999年)されたが、お遍路の怖い話について 詳しく知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より以下の資料を紹介。
資料1:①②について p25「打つ」、p45「逆打ち」、p65「順打ち」より、札所本尊を安置する堂宇の柱などに、木製か金属製の納札を打ちつけたところから、札所寺院に参拝することを「打つ」という。順打ちとは、第一番の札所から札所番付の順番に、結願所まで順を追って巡礼することで、基本的な巡礼方法。逆打ちとは、結願所から逆に発願所まで打って行く巡礼方法で、逆打ちのほうが順打ちよりも、道が険しいなどの困難をともなうことから、一回の逆打ちは、順打ち三回に相当する利益があるという。また、右衛門三郎が遍路で逆に巡ったところ、第十二番焼山寺麓で弘法大師にあうことができたという伝説に基く信仰であり、現在でも、大師は常に順打ちしているので、逆打ちすると大師にあう機会が増すとされる。
③について p12~19「巡礼のはじまり」、p115「遍路」、p113「辺路」より、遍路とは、大師巡礼のこと。またはその人物。四国八十八か所の起源は、辺路(へじ)修行であり、それが転じて遍路になった。辺路とは、辺境の地のミチのこと。主に海岸線のミチをいい、これを巡る修行形態を「辺路修行」という。辺路修行は、海の彼方にあると信じられた、年を取らない国「常世の国(根の国)」に対する信仰。
資料2:①について p29~30「遍路用語」より、「打つ」「順打ち」「逆打ち」についての解説あり。
資料6:①②について p10「八十八カ所巡りの由来」より、簡単な解説あり。

以下の【資料3・4・5】は、④について参考なると思われる資料(怖いとは言えないかもしれないが、霊験、御利益といったものが多いなかで、悪い行いをした者についての言い伝えなどが載っている)。
資料3:p147~182「衛門三郎の絵解き」衛門三郎という伊予国荏原郷の豪族の発心譚。絵とき写真12枚あり。
資料4:p84~93四国遍路に関する物語として「右衛門三郎荏発心譚」、p131~138「哥吉回国物語」の話あり。また、p180~196に霊験についての記述あり。
資料5:p36~50に「弘法の彫り残し」「弘法と麦」「弘法と炭焼き竈」「弘法機」「切機寺」「お大師講の雪」「鯖大師」「弘法の蛇封じ」といった弘法大師にまつわる伝説あり。
※【資料7】は映画「死国」の原作。
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACでキーワード「遍路」「八十八」「巡礼」などのキーワード検索。巡礼(186.9)などの書架も直接あたり、内容を確認。

<参考>
〔Wikipedia:死国〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E5%9B%BD (最終確認 2010/8/29)より、
死国は、坂東眞砂子の小説。これを原作として、1999年に映画化された。ストーリーは、四国八十八ヶ所の霊場を死者の歳の数だけ逆に巡ると、死者が蘇るという禁断の「逆打ち」なる儀式が存在する。娘の死を悲しむ母親が、その「逆打ち」を行ったことにより生じる恐るべき物語。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186 8版)
参考資料
(Reference materials)
巡礼・参拝用語辞典,白木 利幸/著,朱鷺書房,1994.3, (1994、p12~19「巡礼のはじまり」、p115「遍路」、p113「辺路」、p25「打つ」、p45「逆打ち」、p65「順打ち」 ※貸出禁止資料 【資料1】)
全国霊場巡拝事典,大法輪閣編集部/編,大法輪閣,2005.2, (2005、p29~30「遍路用語」 【資料2】)
講座日本の巡礼,第2巻,真野 俊和/編,雄山閣出版,1996.8, (1996、p147~182「衛門三郎の絵解き」 【資料3】)
旅のなかの宗教,真野俊和/著,日本放送出版協会,1980, (1980、p84~93「右衛門三郎発心譚」、p131~138「哥吉回国物語」 【資料4】)
日本伝説大系,第12巻,みずうみ書房,1982, (1982 四国編 p36~50 【資料5】)
四国八十八カ寺&周辺ガイド,出版文化社,2005.5, (2005 p10「四国霊場八十八カ寺巡りの基礎知識」 ※蔵点不明(2010.8時点) 【資料6】)
死国,坂東 真砂子/著,マガジンハウス,1993.3, (1993 【資料7】)
キーワード
(Keywords)
順打ち(ジュンウチ)
弘法大師(コウボウダイシ)
遍路(ヘンロ)
巡礼(ジュンレイ)
逆打ち(サカウチ(ギャクウチ))
四国八十八箇所(シコクハチジュウハッカショ)
辺路(辺地)(ヘジ(ヘンジ))
右衛門三郎(エモンサブロウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000076650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!