このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076464
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2010006340
事例作成日
(Creation date)
2010/10/14登録日時
(Registration date)
2011年01月14日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月14日 02時00分
質問
(Question)
「二十六木」「廿六木」「十々六木」等と書いて「とどろき」と読む地名が各地にあるが、由来が知りたい。どうしてこの漢字を使うのか。
回答
(Answer)
「とどろき」は水音からきているとする説をはじめ、由来については諸説ある。漢字は当て字であるとする資料が多い。

『日本歴史地名大系49 総索引』(資料1)で「とどろき」を調べると、質問に該当する以下の地名が見つかる。
 二十六木、廿六木村(秋田県) 廿六木村(山形県) 廿六木(新潟県)
ただし、各県の分冊にあたって記載内容を確認したが、地名の由来にはついては触れていなかった。

また、都立DBを<二十六木+廿六木+十々六木>をキーワードにして検索すると資料2がヒットし、埼玉県にも「十々六木」という地名が存在したことがわかる。

資料2とともに、上記各県の地名に関する資料を調査したところ、資料3~7にも関連の記述が見られ、水音から由来するという説など諸説あることがわかる。

また、地名・姓氏の由来に関する資料を調査したところ、資料8~9に水音が由来で漢字は当て字である旨の記述がある。

資料2:「十々六木の地名」という項があり、埼玉県にかつて存在した「十々六木」地名の由来として覚範入道の伝説が紹介されている。その中に「おどろき」から「とどろき」になったとの記述がある。

資料3:山形県余目町の「廿六木」の由来について、以下の記述あり。
「応永年間讃岐国(現香川県)の阿部氏ほか25名が当地の開発にあたったことから廿六騎 とどろき と証したという伝説がある(広報あまるめ)」

資料4:巻末「地名語源字引き」の「とどろき 廿六木」の項に以下の記述がある。
「轟の当て字。川の水音『とうとう』に、十(とう)と十(とう)とを合わせて二十になることから廿の字を当て、ろきに六木を当てて廿六木で『とどろき』と読ませた。『とうとうと水音の聞こえる所』の意。」

資料5:「水音に関する地名」という項の中に、「トドロキ(轟、廿六木)は水が落下する響きである。」という記述がある。

資料6:埼玉県秩父郡大滝村の「十々六木」について、以下の記述がある。
「二十六木とも書く。(中略)古くは十十六騎、轟ともかいて、水の流れる音か、滝の音の擬音から地名となった。諸国の動木、等力、二十六木と書いてトドロキと読む地名はみな同意である。」

資料7:新潟県燕市の廿六木に関わる以下の記述が「轟木(十日町市)」の項にある。
「これは滝の音、車の音からくる騒音である。一般に『トド、トドロキ』といい百々、轟木、驫木、廿六木などと書かれる。(中略)廿六木は、十たす十で二十と加算をしたものであろう。」

資料8:「二十六木(とどろき)」の項に、「車馬、流水などの音がとどろくさま。その地。文字は当て字。」との記述がある。

資料9:「等力(とどろき)」の項内に秋田県の二十六木・埼玉県の十々六木も記載されており、「トドロク流水音や車馬の音からくる。文字はみな当て字。」との記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 総索引 / 平凡社地方資料センター∥編集 / 平凡社 , 2005.1 ( 日本歴史地名大系 49 ) R/2910/418/49
【資料2】 秩父の伝説 : 語り継ぐふるさとへの想い / 秩父の伝説編集委員会∥編集 / 秩父市教育委員会 , 2007.3 /388.1/5187/2007
【資料3】 山形県 / 角川書店 , 1981.12 ( 角川日本地名大辞典 6 ) R/2910/367/6
【資料4】 やまがた地名伝説 第5巻 / 山形新聞社∥編 / 山形新聞社 , 2009.5 D/291.25/5020/5
【資料5】 山形県の地名伝説 : 住民の語る地名語源 / 安彦好重∥著 / 歴史図書社 , 1979 /2912/171/79
【資料6】 埼玉県地名誌 : 名義の研究 / 韮塚一三郎∥著 . 改訂新版 / 北辰図書出版 , 1977 /2913/213/77
【資料7】 越後の地名 : その由来を探る 植木昭吾主筆 / [植木昭吾∥編] / [植木昭吾] , 1997.7 /2914/3114/97
【資料8】 難読姓氏・地名大事典 / 丹羽基二∥著 / 新人物往来社 , 2002.4 R/288.1/5012/2002
【資料9】 地名苗字読み解き事典 / 丹羽基二∥著 / 柏書房 , 2002.3 R/288.1/5013/2002
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000076464解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!