このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076394
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000002602
事例作成日
(Creation date)
2008/02/07登録日時
(Registration date)
2011年01月12日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月18日 16時41分
質問
(Question)
大正~昭和に活躍した異才の日本画家「甲斐庄楠音(カイノショウタダオト)」、「岡本神草(オカモトシンソウ)」について書かれている資料、作品が見たい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
【甲斐庄楠音について】
資料7:図版16「横櫛」(カラー)、p85「椿姫」(白黒)、p107「作品解説」あり。
資料15:p85「甲斐庄楠音」に作家情報あり。また、白黒で小さいが作品「舞ふ」と顔写真の掲載あり。

【岡本神草について】
資料7:図版17「口紅」(カラー)、p83「拳をうてる三人の舞妓」(白黒)、p107「作品解説」あり。
資料15:p71~72「岡本神草」に作家情報あり。また、白黒で小さいが作品「拳を打てる三人の舞妓の習作」の掲載あり。

<2010/11/6追記>
【甲斐庄楠音について】
資料1:副書名「甲斐庄楠音の生涯」。巻頭のカラーページには9点の作品の掲載あり。そのほかにも、白黒ではあるが、本文中に作品や本人に関する写真の掲載が何点かある。
資料2:甲斐庄楠音の画集。作品多数、生涯貼り替え続けたスクラップブックなどの掲載もある。
資料3:表紙(「横櫛」)及びp9「横櫛」(作品解説)あり。
資料4:「娼婦」のカラー図版と、解説あり。
資料5:p74~75「甲斐庄楠音」に、作品「汗ばむ頃(春)」「抒情小品」「舞之図(汐くみを描く)」「口紅之図」「娼婦」のカラー図版と解説あり。
資料8:カラー図版116「如月太夫」あり。 
資料9:p88~89「「秋心(図版60)」「舞ふ(図版61)」のカラー図版、p133「甲斐庄楠音(作家解説)」、p144「作品解説(図版60)」あり。
資料10:グラビヤ版「椿姫」(白黒)あり。
資料14:p106「横櫛(図版82)」のカラー図版、p224「作家紹介」あり。

【岡本神草について】
資料4:「口紅」のカラー図版と解説あり。
資料5:p168~169「岡本神草」に、作品「口紅」「京舞妓図」「仮面を持てる女」のカラー図版と解説あり。
資料6:p63に、作品「口紅」のカラー図版、p108に、岡本神草の人と作品の解説あり。
資料9:p86~87「口紅(図版59)」のカラー図版、p132「岡本神草(作家解説)」、p144「作品解説(図版59)」あり。
資料10:グラビヤ版「拳をうてる三人の舞子」(白黒)あり。
資料14:p107「口紅(図版83)」のカラー図版、p224「作家紹介」あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)参考資料の【資料11】より、【資料15】にそれぞれ作家情報が掲載されていることが判明。

(2)参考資料の【資料12】より、
・甲斐庄楠音の作品「如月太夫」は【資料7】、「横櫛」は【資料7】【資料14】
・岡本神草の作品「口紅」は【資料7】【資料14】にそれぞれ掲載されいることが判明。

(3)参考資料の【資料13】より、
岡本神草の作品は、日展(『日展史』6・8・10)※当館未所蔵、京伝(『京都の日本画 伝統と創世の系譜図録』p99)※当館未所蔵、大日本(【資料16】略歴あり)に掲載されていることが判明。

(4)自館OPACで、画家名のほか、「京都画壇」「美人画」のキーワードでも検索。また、日本画の書架に直接あたり調査。

(5)〔美術図書館横断検索〕 http://alc.opac.jp/ (最終確認2010/11/9)で、それぞれ画家名をキーワード検索し、当館所蔵資料のなかでその他に掲載資料がないか確認。

<参考>
・〔Wikipedia:甲斐庄楠音〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E6%96%90%E5%BA%84%E6%A5%A0%E9%9F%B3 (最終確認2010/10/22)より、
甲斐庄楠音・・・1894年(明治27年)12月23日 - 1978年(昭和53年)6月16日
大正時代の日本画家、昭和20年代-30年代の風俗考証家。
・〔Wikipedia:岡本神草〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E7%A5%9E%E8%8D%89 (最終確認2010/10/22)より、
岡本神草・・・1894年11月10日 - 1933年2月13日、神戸市出身の日本画家。

以下調査済み資料
・『日本の近代美術 5 京都の日本画』(1993,大月書店,1993)
・『京都画壇に咲いた夢』(徳島県立近代美術館,2008)
・『太陽美人画シリーズ1~4』(平凡社,1982)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 8版)
参考資料
(Reference materials)
女人讃歌,栗田勇/著,新潮社,1987, (1987 【資料1】)
ロマンチック・エロチスト,甲斐庄 楠音/著,求龍堂,2009.3, (2009 【資料2】)
週刊朝日百科美術館を楽しむ,No.35[京都3],朝日新聞社,200506, (2005、表紙、p9「横櫛」 【資料3】)
近代日本の画家たち,古田 亮/監修,平凡社,2008.8, (2008、p105「岡本神草」、p106「甲斐庄楠音」 【資料4】)
日本画の「値段」,川崎 正継/著,淡交社,2010.2, (2010、p74~75「甲斐庄楠音」、p168~169「岡本神草」 【資料5】)
京都の日本画-京都画壇の俊英たち-,京都市立芸術大学芸術資料館/監修,茨城県天心記念五浦美術館,1999.4, (1999、p63図版32「口紅」、p108「人と作品(32口紅)」 【資料6】)
現代日本美人画全集,第10巻,集英社,1979, (1979、図版16「横櫛」、図版17「口紅」、p83「拳をうてる三人の舞妓」、p85「椿姫」、p107「作品解説」 【資料7】)
京都画壇二五〇年の系譜展,京都新聞社/編集,京都新聞社,1994, (1994、p130「如月太夫(図版116)」 【資料8】)
近代日本画にみる麗しき女性たち,[上村 松園/ほか画],神戸新聞社,c2008, (2008、p86~87「口紅(図版59)」、p88~89「「秋心(図版60)」「舞ふ(図版61)」、p132「岡本神草(作家解説)」、p133「甲斐庄楠音(作家解説)」、p144「作品解説(図版59・60)」 【資料9】)
美人画の百年,藤本韶三/編,三彩社,1967, (1967、グラビヤ版「拳をうてる三人の舞子」「椿姫」【資料10】)
美術家索引 日本・東洋篇,恵光院白/編,日外アソシエーツ,1991, (1991、p167「岡本神草」、p192「甲斐庄楠音」 ※貸出禁止資料 【資料11】)
日本美術作品レファレンス事典 絵画編,近現代,日外アソシエーツ,199208, (1992 ※貸出禁止資料 【資料12】)
書家画家雅号<呼称>索引,下,小笠原 長則/編,日本地域社会研究所,2000.8, (2000、p427「岡本神草」 ※貸出禁止資料 【資料13】)
原色現代日本の美術,3,小学館,1978, (1978、p106「横櫛(図版82)」、p107「口紅(図版83)」、p224「作家紹介」 【資料14】)
近代日本美術事典,河北 倫明/監修,講談社,1989.9, (1989、p85「甲斐庄楠音」、p71~72「岡本神草」 【資料15】)
大日本書画名家大鑑,伝記下編,荒木矩/編,第一書房,1975, (1975、p1635「神草」 ※貸出禁止資料 【資料16】)
キーワード
(Keywords)
京都画壇(キョウトガダン)
美人画(ビジンガ)
甲斐庄楠音(カイノショウ,タダオト)
岡本神草(オカモト,シンソウ)
日本画(ニホンガ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000076394解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!