このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076393
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000000961
事例作成日
(Creation date)
2007/03/13登録日時
(Registration date)
2011年01月12日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月30日 14時34分
質問
(Question)
土地・建物の取得時効(民法上、相続人がいない不動産については、20年を経るとその不動産を占有している人のものとなるのか)について、また、その具体的な手続きの方法も知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介。
資料1:「20年が過ぎると他人のものでも自分のものになる」という項目があり、取得時効について図版を用いながら、簡単にまとめてある。
資料2:p242~246「第3節 取得時効」があり、詳細な解説がある。そのなかのp232には「甲土地について、所有者でないAが20年以上継続して甲土地を所有の意思をもって占有していた場合に(所有の意思をもってというのは、所有者として占有することを意味し、賃借人として占有するような場合はこれにあたらない)、Aがその土地の所有権を取得するのが取得時効の例である」との記述がある。
資料3:「民事上の時効の種類」「時効の援用の仕方」についてイラスト付きで解説あり。当事者が時効による権利の取得を主張(これを時効の援用という)しなければ裁判所は時効による裁判ができない。「時効の援用」ができるのは、時効によって直接利益を受ける者(援用権者)に限られるとある。
資料4:取得時効に必要な条件、具体的に時効を援用する場所と時期、時効の援用に関する判例などがある。
回答プロセス
(Answering process)
(1)取得時効について、民法の条文を確認。〔法令データ提供システム〕 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%96%AF%96%40&H_NAME_YOMI=%82%A0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=M29HO089&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 (最終確認2010/10/1)より、
民法 第百六十二条(所有権の取得時効)
 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
2 十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

(2)民法関係、土地建物の法律関係の書架に直接あたる。以下の資料は調査済み資料。
・『図解 土地建物の法律』(ナツメ社,2005)
・『土地家屋の法律知識』(自由国民社)など

(3)具体的な手続きについて、更にインターネットで「取得時効」「手続き」などのキーワードで検索。→「時効の援用」が必要。

(4)司法手続(327)の書架や、時効に関する資料も調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 8版)
司法.訴訟手続法  (327 8版)
参考資料
(Reference materials)
図解暮らしに役立つ民法,付岡 透/監修,ナツメ社,2003.2, (2003、p60~61「20年が過ぎると他人のものでも自分のものになる」 【資料1】)
民法,1,野村 豊弘/著,有斐閣,2008.4, (2008、p232~253「第8章 時効」 【資料2】)
わかりやすい訴訟のしくみ,石原 豊昭/著,自由国民社,2008.9, (2008、p100~103「第10章 民事上の時効の活用法」 【資料3】)
時効,長戸路 政行/著,自由国民社,1996.7, (1996、p87~112「第三章 取得時効に必要な条件は」、p113~148「第四章 実際に時効を主張する方法」 【資料4】)
キーワード
(Keywords)
取得時効(シュトクジコウ)
所有権(ショユウケン)
占有(センユウ)
民法(ミンポウ)
時効(ジコウ)
援用(エンヨウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000076393解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!