このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076294
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2010-065
事例作成日
(Creation date)
2010/10/31登録日時
(Registration date)
2011年01月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月20日 16時08分
質問
(Question)
小説『太陽のない街』(徳永直著)で、赤木健介(詩人)の解説が付いているものが見たい。
回答
(Answer)
赤木健介の解説があったのは、以下の資料である。
『太陽のない街』(徳永直著 角川書店 1953 )
解説はp236-240 赤木健介
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵『太陽のない街』所収資料を確認する。
『人物書誌大系1 徳永直』(日外アソシエーツ 1982)
p29に以下の記述あり。

太陽のない街(角川文庫)
昭和28年11月30日 角川書店 (省略) 解説・赤木健介

その他調査済み資料
『現代文学大系 37 葉山嘉樹 小林多喜二 徳永直集 』(筑摩書房 1969)
解説はp486-505「人と文学」小田切秀雄著 
『昭和文学全集 6 小林多喜二 中野重治 徳永直集』(角川書店 1953)
解説はp376-386 窪川鶴次郎
『太陽のない街』(新潮社 1958)
解説はp257-268 岩上順一著 *1979刊改版39刷も同じ。
『太陽のない街・妻よ眠れ』(筑摩書房 1952)
解説はp257-260 岩上順一著
『太陽のない街』(岩波書店 1969)
解説はp.285-304 徳永直著(著者自身)
『特選名著複刻全集近代文学館〔24〕太陽のない街』(日本近代文学館 1979)
戦旗社 1929刊の復刻で解説はなし。
『徳永直文学選集』(徳永直没後50年記念事業期成会「選集」編集委員会編 熊本出版文化会館 2008)
p423-434 解題「徳永直の再評価のために」針生一郎著
『日本の文学 39 葉山嘉樹 小林多喜二 徳永直』(谷崎潤一郎編 中央公論社 1979)
解説はp524-526 小田切進著
『日本文学全集 17 小林多喜二 徳永直』(新潮社 1971)
注解はp433-438 吉田精一著
『日本文学全集 37 葉山嘉樹 小林多喜二 徳永直集』(筑摩書房 1970)
解説はp486-505「人と文学」小田切秀雄著
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
『太陽のない街』(徳永直著 角川書店 1953)
『現代文学大系 37 葉山嘉樹 小林多喜二 徳永直集 』 (筑摩書房 1969)
『昭和文学全集 6 小林多喜二 中野重治 徳永直集』(角川書店 1953)
『太陽のない街』(新潮社 1958)
『太陽のない街・妻よ眠れ』(筑摩書房 1952)
『太陽のない街』(岩波書店 1969)
『特選名著複刻全集近代文学館 24 太陽のない街』(日本近代文学館 1979)
『徳永直文学選集』(徳永直没後50年記念事業期成会「選集」編集委員会編  熊本出版文化会館 2008)
『日本の文学 39 葉山嘉樹 小林多喜二 徳永直』(谷崎潤一郎編 中央公論社 1979)
『日本文学全集 17 小林多喜二 徳永直』(新潮社 1971)
キーワード
(Keywords)
太陽のない街
徳永 直(トクナガ スナオ)
赤木 健介(アカギ ケンスケ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000076294解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!