このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076276
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2010-038
事例作成日
(Creation date)
2010/05/01登録日時
(Registration date)
2011年01月08日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月20日 16時08分
質問
(Question)
アメリカと日本の自動車リコール制度について解説がある資料を見たい。
回答
(Answer)
自動車のリコール制度について解説がある資料
越山健彦著「リコール制度の国際比較」(『標準化と品質管理 2008年11月』日本規格協会 2008)
日米のリコール制度の経緯と概要あり(自動車についても言及)。比較表あり。

「どうなってるの?自動車のリコールのしくみ」(『たしかな目 2006年7月号』p51-53 国民生活センター 2006)
日本のリコール制度についてのわかりやすい解説あり。

『リコールに学ぶ なぜオシャカを作ったか 実際の設計選書』(畑村洋太郎著 日刊工業新聞社 2007)
p285「付章 リコール制度とは」があり、日本の制度の解説あり。
道路運送車輌法(1951)と道路運送車両の保安基準(運・EA省令 1951)などを経て、自動車型指定規則(1969)によりリコール制度が発足した旨の記述あり。
p291「補足(1)リコール制度の通達」あり。 
p292「補足(2)リコール届け書様式」あり。

沼澤章著「「リコール」って何?「三菱自動車」バッシングの深層」(『新潮45 2004年11月』p104-110 新潮社 2004)日本の自動車リコール制度について記述あり。 

「日米で異なるリコール制度」『読売新聞 2010年2月6日9面』簡単な表と解説あり。

日米のリコール制度について全般的な解説がある資料
『消費者庁誕生で企業対応はこう変わる』(大羽宏一編 日本経済新聞出版社 2009)
p214 越山健彦著「リコールマネジメント」
自動車に限った記述はないが、日本のリコール制度と「各国のリコール指針の概要」「米国の消費者製品安全法によるリコールのメカニズム(表)」あり。
『消費生活用製品のリコールハンドブック 2007』(経済産業省 2007) 
日本のリコール制度の指針あり。
『新製造物責任法大系 1 海外篇』(東京海上研究所編 弘文堂 1998)
p11 第2章 アメリカの製造物責任
『新製造物責任法大系 2 日本篇』(東京海上研究所編 弘文堂 1998)
p426-450 リコール(回収)

インターネット情報
《自動車のリコール・不具合情報(国土交通省)》
「日本の自動車等リコール制度」pdf版パンフレット(8p)ダウンロード可。
日本の制度の解説と「諸外国の自動車リコール制度」表にアメリカあり(規程法、対象範囲、仕組みのみ)( http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html  2010/04/30最終確認)

《国土交通省 リコール検討会》
第2回リコール検討会(2007.11.13)の資料に「資料2 海外リコール制度の概要」に日米の比較表あり。(PDFファイル)( http://www.mlit.go.jp/jidosha/recallkentokai/recallkentokai.html  2010/04/30最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を書名〈製造物責任〉で検索し、NDC分類〈324.5〉の棚にあたる。
《Wikipedia》の〈リコール(自動車)〉の項目に概要はあるが、制度について記述なし。
《PORTA》を〈リコール制度〉で検索する。
越山健彦著「リコール制度の国際比較」(『標準化と品質管理 2008年11月』日本規格協会 2008)がヒットする。
《NDL-OPAC(雑索)》を記事名〈自動車 & リコール〉で検索する。
「どうなってるの?自動車のリコールのしくみ」(『たしかな目 240』p51-53 国民生活センター 2006.7) 
日本のリコール制度についての解説あり。
他に、日経ビジネス、週刊ダイヤモンドなど所蔵雑誌記事にあたるが、該当記述なし。
《自動車のリコール・不具合情報(国土交通省)》
「日本の自動車等リコール制度」pdf版パンフレット(8p)がありダウンロード可能。
p7 日本の制度の解説と「諸外国の自動車リコール制度」表にアメリカあり(規程法、対象範囲、仕組みのみ)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html  2010/04/30最終確認)
《国土交通省 リコール検討会》
第2回リコール検討会(2007.11.13)の資料に「資料2 海外リコール制度の概要」に日米の比較表あり(PDFファイル)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/recallkentokai/recallkentokai.html  2010/04/30最終確認)

新聞記事の検索により、「日米で異なるリコール制度」『読売新聞 2010年2月6日9面』簡単な表と解説あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
自動車工学  (537 9版)
議会  (314 9版)
参考資料
(Reference materials)
越山健彦著「リコール制度の国際比較」(『標準化と品質管理 61(11)』 日本規格協会 2008.11)
「どうなってるの?自動車のリコールのしくみ」(『たしかな目 2006.7月』p51-53 国民生活センター 2006)
『リコールに学ぶ なぜオシャカを作ったか 実際の設計選書』(畑村洋太郎著 日刊工業新聞社 2007)
沼澤章著「「リコール」って何?「三菱自動車」バッシングの深層」(『新潮45 2004.11』p104-110 新潮社 2004)
『消費者庁誕生で企業対応はこう変わる』(大羽宏一編 日本経済新聞出版社 2009)
キーワード
(Keywords)
自動車-法令
リコール
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000076276解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決