このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000075474
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2010-05
事例作成日
(Creation date)
2009年10月07日登録日時
(Registration date)
2010年12月17日 12時19分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時16分
質問
(Question)
「みどりの日」に関する法令と、その由来について知りたい。
回答
(Answer)
●法令・・・「国民の祝日に関する法律(昭和23年7月20日法律178号)最終改正(平成17年5月20日法律第43号)」による。

●由来・・・1988(昭和63)年までは天皇誕生日だったが、89年の崩御後、余暇の拡充を求める世情を背景に祝日の継続が決まり、昭和天皇が自然に親しんだことや、国民に受け入れられやすいことから、自然に親しみその恩恵に感謝することを目的とした「みどりの日」になった。さらに祝日法の一部改正により、2007(平成19)年から「みどりの日」は5月4日、昭和天皇誕生日である4月29日は「昭和の日」と変更された。
回答プロセス
(Answering process)
 ・レファ協のレファ事例を確認。
 ・ネット検索キーワード「みどりの日」で、まず法律名を確認。
 ・『岩波基本六法 平成21年版』で索引で正式名称を確認。
 ・『記念日の事典 3版』ほか・・・4月29日で記載。
 ・『六法全書 平成20年版』・・・5月4日と記載。改正年の最新が平成17年とわかる。
・『現代用語の基礎知識2006』・・・2007(平成19)年から4月29日のみどりの日が「昭和の日」になり、「みどりの日」は5月4日に変更。

・明治天皇の誕生日も「文化の日」として残っている。
平成17年改正、平成19年施行の改正年をふまえて、それ以降の版の資料にあたる必要がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386)
参考資料
(Reference materials)
(法律に関して)
『岩波基本六法 平成21年版』岩波書店、2008
『六法全書 平成20年版』有斐閣、2008
(由来に関して)
『すぐに役立つ366日記念日事典』創元社、2009
『「12月のきまりごと歳時記」現代用語の基礎知識2008年版付録』自由国民社、2008
『記念日・祝日の事典』東京堂出版、2007
『国民の祝日の由来がわかる小辞典』PHP研究所、2003
法令データ提供システム  http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi  (2011年2月23日確認)
キーワード
(Keywords)
みどりの日
昭和の日
国民の祝日
記念日
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
下記にも類似事例あり。
埼玉県立久喜図書館 (登録番号)1000032592
  http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000032592
大阪市立中央図書館 (登録番号)1000047635
  http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000047635

元事例の登録番号:1000058586
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000075474解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決