このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000075219
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2010-047
事例作成日
(Creation date)
2010/07/22登録日時
(Registration date)
2010年12月15日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年12月28日 11時41分
質問
(Question)
陸軍騎兵曹長を務めた人物の墓碑銘に関して以下を知りたい。
1 故人が入営していた「騎兵第十六聯隊」があった場所は、現在のどこか。
2 故人が転戦していた昭和11~13年頃の中国の地名について、場所を確認したい。
地名は墓碑銘を元に質問者がワープロで起こしたもの。
①[晶]各荘、②忻々鎮、③清龍鎮、④太原、⑤通州、⑥瑞昌、⑦馮家舗、⑧大屋田、⑨天橋河、⑩慈口鎮、⑪通山、⑫通城
回答
(Answer)
1 騎兵第十六聯隊があった場所
『帝国陸海軍事典 改訂版』(同成社 1995)
p273「資料1 軍常備団隊配備表」に「第1師団(東京){騎兵第2旅団(習志野){騎兵16連隊(同)」とあり。
インターネット情報
《騎兵第十三・十四・十五・十六聯隊跡(陸軍習志野学校跡)》というウェブページがあり、参考までに紹介する。
http://military-web.hp.infoseek.co.jp/ikou/ikou-ki13-16.htm  2010/07/21最終確認)

2 中国の地名
地名ごとに明確な特定はできなかった。地図資料などから推定の地名や位置を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
1 騎兵第十六聯隊があった場所
『帝国陸海軍事典 改訂版』(同成社 1995)
p273「資料1 軍常備団隊配備表」に「第1師団(東京){騎兵第2旅団(習志野){騎兵16連隊(同)」とあり。

『戦後刊行戦史・戦記総目録(陸軍編)』(地久館 原書房 1987)
p194「騎兵第十六聯隊と軍備改変部隊の歴史」(赤石光儀 昭51)の紹介あり。
《ゆにかねっと》で本書を検索すると国会図書館のみ所蔵。国会図へ協力貸出を依頼し取寄せる。内容を確認するが関連する記述は見あたらず。

インターネット情報
《Google》を〈騎兵第16聯隊〉で検索する。
《騎兵第十三・十四・十五・十六聯隊跡(陸軍習志野学校跡)》というWebページが見受けられる。
http://military-web.hp.infoseek.co.jp/ikou/ikou-ki13-16.htm  2010/07/21最終確認)

2 中国の地名
①[晶]各荘、②忻々鎮、③清龍鎮、④太原、⑤通州、⑥瑞昌、⑦馮家舗、⑧大屋田、⑨天橋河、⑩慈口鎮、⑪通山、⑫通城

『世界大地図帳 六訂版』(平凡社 2003)に以下の掲載あり。他はなし。
①晶各荘 「岳各荘:ユエコーチョワン:がくかくそう」であればp112 3-Bにあり。
ただし「○○各荘」という言い方は北京市内に多くあり。
④太原:タイユワン、たいげん p018 3-Dにあり。
⑤通州:トンチョウ、つうしゅう  p018 2-Fにあり。
⑥瑞昌:ロイチャン、ずいしょう p019 7-Eにあり。
⑪通山:トンシャン、つうざん p019 7-Eにあり。
⑫通城:トンチョン、つうじょう p019 7-Dにあり。

『北支の治安戦 1、2(戦史叢書)』(防衛庁防衛研修所戦史室 朝雲新聞社 1968)に以下の記載あり。
②忻々鎮 「忻口鎭」であれば記載あり。
p27「昭和十二年度の地上作戦経過要図」の山西省中央部分に「忻口鎮 9/11」とあり。
③清龍鎮 「淸河鎭」であれば記載あり。
p15「盧溝橋付近地点図」の北京北部にあり。

『満州分省地図 地名総覧』(国書刊行会 1980)
各省別の地名索引(頭字索引)で画数から検索すると以下のとおり(地図未確認 該当頁)。
③清龍鎮 「淸河屯」であれば第5図 龍江省地名索引に記載あり。p33
③清龍鎮 「淸河鎭」であれば第8図 三江省地名索引に記載あり。p50

⑦馮家舗 「馮家店」であれば第4図 吉林省地名索引に記載あり。p24
⑦馮家舗 「馮家屯」であれば第17図 錦州省地名索引に記載あり。p128

⑨天橋河 「天橋嶺」であれば第12図 間島省地名索引に記載あり。p71
⑨天橋河 「天橋嶺」であれば第15図 奉天省地名索引に記載あり。p101
⑨天橋河 「天橋溝」であれば第13図 通化省地名索引に記載あり。p77
⑨天橋河 「天橋溝」であれば第14図 安東省地名索引に記載あり。p84

『中國分省地圖』(凌雲書房 1981)
⑧大屋田 「大屋」であればp40 戌四 清原縣にあり。
⑨天橋河 「天橋廠」であればp40 戌四 清原縣にあり。

⑩慈口鎮 いずれの資料でも見あたらず。
利用者が起こした墓碑の記載によれば、⑨天橋河の近辺と思われる。
《Google》地図では、湖北咸寧市通山県慈口郷の〈慈口〉が見られるが判明せず。

その他の調査済資料は以下のとおり。記述は見あたらず。
『中国歴史・文化地理図』(陳正祥編著 原書房 1982)
『精選中国地名辞典 』(塩英哲 凌雲出版 1983)
『最新中国地名事典』(日外アソシエーツ 1994)
『中国地名辞典 英中・日中対照』(外務省情報部 原書房 1985)
『陸海軍年表(戦史叢書 102)』(防衛庁防衛研修所戦史室著 朝雲新聞社 1980)
『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』(外山操編 芙蓉書房 1981)
『大東亜共栄圏地図並地名大鑑』(大日本地理学会 1944)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アジア  (292 9版)
参考資料
(Reference materials)
『帝国陸海軍事典 改訂版』(同成社 1995)
『世界大地図帳 六訂版』(平凡社 2003)
キーワード
(Keywords)
地名-中国-満州
墓碑-碑文
陸軍-日本
騎兵隊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000075219解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!