このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000074960
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006824
事例作成日
(Creation date)
2010年10月20日登録日時
(Registration date)
2010年12月09日 09時09分更新日時
(Last update)
2010年12月09日 09時09分
質問
(Question)
京都の老ノ坂にある首塚大明神の創建、由来について知りたい。
回答
(Answer)
首塚大明神の祠がいつ作られたのかは不明。『鬼の風土記』(服部邦夫著 青弓社 1989年)によると、もともとは、峠の境界神とか手向の明神といわれたものか。貝原益軒の「西北紀行」に「酒顛童子が首塚」とあり、元禄2年にはあったことがわかる。首塚大明神は、源頼光とその四天王たちが、丹波の大江山(大枝山)に住んでいた酒呑童子を退治し、その首を都に持ち帰る途中に、ここで急に重くなり動かなくなったため首塚として埋めたという。
回答プロセス
(Answering process)
1.京都府の地誌に関する資料で探索
・『京都府の歴史散歩(新全国歴史散歩シリーズ)』下巻(山本四郎著 山川出版社 1995年)p111には「首塚大明神」、『郷土資料事典:ふるさとの文化遺産』第26巻 京都府(ゼンリン 1997年)p179には「酒呑童子首塚」があるが、創建・由来については記述なし。
・『京都大事典 府域編』(淡交社 1994年)p197には「首塚」の項があり、由来はあるが創建については記述なし。

2.神社関係の資料で探索
・『日本神祇由来事典』(川口謙二編著 柏書房 1993年)p321-322には「首塚大明神」の項があり、由来はあるが創建については記述なし。
・『全国神社名鑑』上下巻(全国神社名鑑刊行会史学センター編纂・発行 1977年)、『社寺縁起伝説辞典』(志村有弘編 戎光祥出版 2009年)、『京都古社寺辞典』(吉川弘文館 2010年)には首塚大明神の記載なし。
・『京都の寺社:その信仰と伝説を訪ねて(シリーズご利益)』(内藤正敏著 稜北出版 1984年)p208には、創建・由来の記載なし。
・『京都の社寺建築』乙訓・北桑・南丹編(京都府文化財保護基金 1980年)には首塚大明神の記載なし。 

3.酒呑童子の方面から探索
・『酒呑童子の誕生:もうひとつの日本文化(中公新書)』(高橋昌明著 中央公論社 1992年)p46-47、『怪異の民俗学』第4巻 鬼(小松和彦責任編集 河出書房新社 2000年)収載「「大江山と「鬼」説話」(高橋昌明著)p318には、首塚大明神の石碑の碑文と、貝原益軒の「西北紀行」の一部分が紹介されている。
・『酒呑童子異聞(同時代ライブラリー)』(佐竹昭広著 岩波書店 1992年)には「川柳礼記:大江山酒呑童子(一)」があり、p68に「…岩屋寺に伝わる酒呑童子退治の由来記(弘化2年成)によれば、童子の首は、七条河原に七日間さらされた後、大江坂に葬られた。人呼んで首塚明神と称する」とある。
・『鬼の風土記』(服部邦夫著 青弓社 1989年)p11に首塚明神の由来の記述があり、「もともとは、峠の境界線とか手向の明神といわれたものであったかもしれない」などど書かれている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都大事典 府域編』(淡交社 1994年) (p197)
『日本神祇由来事典』(川口謙二編著 柏書房 1993年) (p321-322)
『酒呑童子の誕生:もうひとつの日本文化(中公新書)』(高橋昌明著 中央公論社 1992年) (p46-47)
『怪異の民俗学』第4巻 鬼(小松和彦責任編集 河出書房新社 2000年) (p318)
『鬼の風土記』(服部邦夫著 青弓社 1989年) (p11)
キーワード
(Keywords)
首塚大明神
酒呑童子
大江山
老ノ坂
神社
亀岡市
京都府
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
酒呑童子の昔ばなしなどが掲載されている図書は、
・『新編日本古典文学全集』第63巻 室町物語草子集(小学館 2002年)p267-325「酒呑童子絵」
・『日本昔噺(東洋文庫)』(巌谷小波著 平凡社 2001年)p104-119「大江山」
・『日本の伝説』第1巻 京都の伝説(角川書店 1976年)p197-209「酒呑童子」
・『読みがたり京都のむかし話』(京都のむかし話研究会編 日本標準 2005年)p45-56「大江山の鬼たいじ」
・『大江山絵巻:チェスター・ビーティー・ライブラリィ所蔵 甦る絵巻・絵本』(石黒吉次郎解説 勉誠出版 2006年)
などがある。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
神道
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000074960解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!