このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000074632
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2010-0018
事例作成日
(Creation date)
2010/10/05登録日時
(Registration date)
2010年12月02日 02時01分更新日時
(Last update)
2010年12月02日 02時01分
質問
(Question)
モンロー式説得法とは、どういうものか
回答
(Answer)
1『英語スピーチの指導と実例 The bases ofpublic speaking』のp6-7「序章 スピーチとは何か
 3 レトリックからスピーチ・コミュニケーションへ」において紹介があります。
アリストテレスのレトリック(5つの部門に分類)、コラクスの五分法が紹介された後に、
「コラクスの五分法は、現代では、例えば、Alan H. Monroe の Motivated Sequence Pattern(人間の普通の思考過程に従って、話し手の目的に同調させるように聴衆を動機づけていくということから命名された。
 Douglas Ehninger, Alan H. Monroe, Bruce E. Gronbeck,
 Principles and types of speech communication,
 Scott, Foresman and Company, Eighth Edition, p.143)では、
 ①Attention Step(聴衆の注意をいかに引きつけるか)
 ②Need Step   (テーマの重要性を説く)
 ③Satisfaction Step(最良の解決策、行動指針を示す)
 ④Visualization Step(③で示した解決策、行動指針を実行すればなぜ聴衆にとって得になるかを具体的に立証する)
 ⑤Action Step(行動、同意を呼びかける)
 という形で引き継がれている。」
との記載があります。

2 インターネット情報
ウィキペディア(英語版)「Alan H. Monroe」の項目
http://en.wikipedia.org/wiki/Alan_H._Monroe )に
「Alan H. Monroe was a professor at Purdue University in the 1930's.
He is best known for creating Monroe's motivated sequence,
a structure for persuasive speeches based on the psychology of persuasion.
Monroe's method is still used effectively today.」
とありました。

また、ウィキペディア(英語版)「Monroe's motivated sequence」の項目
( http://en.wikipedia.org/wiki/Monroe's_motivated_sequence) に内容の説明があります。
なお、日本語版ウィキペディアには2つともありません。
また、ウィキペディアのこの記載について、資料の裏づけや確認はとっていません。信頼度はわかりませんが、手がかりになります。
(インターネットの最終アクセス:2010年10月26日)

3 Alan H. Monroeの著書には、次のものがあります。
・Monroe's Principles of speech. Military ed. Scott,
Foresman, [1943]

・Principles and types of speech 3rd ed. Scott,
Foresman, c1949. 
・Principles and types of speech communication
 Douglas Ehninger, Alan H. Monroe, Bruce E. Gronbeck. 8th ed. Scott,
Foresman, c1978. 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
ニッポニカ
コミュニケーション、説得関係資料
NDC
言語生活  (809 9版)
参考資料
(Reference materials)
『英語スピーチの指導と実例 The bases ofpublic speaking』(福山忠夫著 山口書店 1989)<8378/F85> (9103704771 )
ウィキペディア(英語版)「Alan H. Monroe」の項目
http://en.wikipedia.org/wiki/Alan_H._Monroe
ウィキペディア(英語版)「Monroe's motivated sequence」( http://en.wikipedia.org/wiki/Monroe's_motivated_sequence)
Monroe's Principles of speech. By Alan H. Monroe. Military ed Scott,
Foresman, [1943].
Principles and types of speech by Alan H. Monroe. 3rd ed. Scott,
Foresman, c1949.
Principles and types of speech communication
 Douglas Ehninger, Alan H. Monroe, Bruce E. Gronbeck. 8th ed. Scott,
Foresman, c1978.

キーワード
(Keywords)
モンロー式説得法
Monroe's motivated sequence
スピーチ
アラン・H・モンロー
Alan H. Monroe
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000074632解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決