このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000073393
提供館
(Library)
京都府立図書館 (2110031)管理番号
(Control number)
52
事例作成日
(Creation date)
2010年11月13日登録日時
(Registration date)
2010年11月13日 13時47分更新日時
(Last update)
2010年11月13日 13時47分
質問
(Question)
千日回峰行の行者が御所に土足参内を許されるいわれはなにか。
回答
(Answer)
『千日回峰行 光永覚道著』(春秋社、1996)、p178~「土足参内」の項。「相応和尚伝」によれば、平安時代9世紀中葉、清和天皇の后の病気平癒祈祷がはじまりという。「急ぐあまり、とるものもとりあえず、草履履きのまま宮中に参内した故事にならう」という。
『行道に生きる』(佼成出版社、 1983)には、清和天皇の后の病気平癒祈祷のための宮中参内の古事にならったとのみ記載あり。なお、宮内庁から土足参内の証明文が出るという(p191~192)。
また、「土足参内」というが、御所内「宜秋門」を入るときに、江戸時代の大名も浅沓に履き替えたのを、塀重門まで草履で入れるからとのこと(p192)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000073393解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!