このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000073364
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
S10-004
事例作成日
(Creation date)
2010年11月11日登録日時
(Registration date)
2010年11月11日 19時06分更新日時
(Last update)
2011年02月02日 09時19分
質問
(Question)
下記日本語訳を探している
宗暁編『四明尊者教行録』所収の「天台教與起信論融會章一篇」
(『四明尊者教行録』=四明知禮の遺文を宗暁が纂集)
回答
(Answer)
『四明尊者教行録の研究』(駒沢大学天台典籍研究班、1982-1984)第2巻、88~102頁に収録
回答プロセス
(Answering process)
①図書検索
本学OPAC、NacsisWebcat、NDL-OPAC、仏教関係大学OPAC等にて、キーワード「四明尊者教行録」「天台教與起信論融會」「天台教」「知禮」等で検索
⇒一見して日本語訳が掲載されているとわかる資料なし。他、『四明尊者教行録の研究』1,2巻に掲載の可能性あるが本学未所蔵

②雑誌記事索引検索
CiNii,「東洋学文献類目検索」第 6.10 版・Version 5 (α版)、「INBUDS」(インド学仏教学論文データベース)にて、上記同様のキーワード検索 
⇒数十件ヒット。うち下記論文から調査のヒントが得られる可能性があるが、本学未所蔵。
「四明知禮の著書解題」『大正大學々報』1巻、pp.199-pp.222, 1927年4月(CiNii)

③仏教事典類を確認⇒『佛書解説大辭典』『天台学辞典』など。日本語訳の情報なし

④大蔵経に掲載されていれば日本語訳が存在する可能性あり
⇒『大正新脩大藏經テキストデータベース』にて、キーワード「天台教與起信論融會章一篇」や、著者「知禮」で検索
・『大正新脩大蔵経』第46巻・諸宗部3.、856頁など3資料に掲載があるが、すべて本文は掲載されておらず
・『日本仏教全集叢書資料総覧』(本の友社、19686年)を確認⇒「四明教行録(四明尊者教行録)」が『新纂大日本續藏経』56巻708頁に掲載とあり。確認したところ本文掲載あり⇒『一切経解題辞典』から『国訳大蔵経』に所収されていないか確認するが、収録なし。

⑤上記①の『四明尊者教行録の研究』の所蔵大学に掲載確認を照会
⇒2巻、88~102頁に、原文・現代語訳・注記の掲載ありと回答いただく

・依頼者へ報告。文献複写を依頼された。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『四明尊者教行録の研究』駒沢大学天台典籍研究班、1982-1984
『佛書解説大辭典』大東出版社、1964-1988年
『天台学辞典』国書刊行会、1990年
『一切経解題辞典』大東出版社、2002年
「東洋学文献類目検索」( http://ruimoku.zinbun.kyoto-u.ac.jp/ruimoku/ )【2010/11/11確認】
「INBUDS」(インド学仏教学論文データベース)( http://www.inbuds.net/ )【2010/11/11確認】
「大正新脩大藏經テキストデータベース」( http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ )【2010/11/11確認】

キーワード
(Keywords)
四明尊者教行録
天台教與起信論融會
天台教
知禮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
佛教大学図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000073364解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決