このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000073055
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006446
事例作成日
(Creation date)
2010年05月25日登録日時
(Registration date)
2010年10月30日 12時08分更新日時
(Last update)
2010年11月14日 13時13分
質問
(Question)
武田信玄が臨終の時に自分の死を3年間伏せるように言ったという逸話の出典を知りたい。
回答
(Answer)
武田信玄の遺言は『甲陽軍鑑』巻十三(三十九品)にある。信玄は死を前にして、自分が存命であれば甲斐を侵攻しようとする国はないだろうから、3年間は自分の死を隠して国の安全を守るように、葬儀は無用で、遺体は3年後に諏訪湖に沈めるようになどと遺言した。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.『武田信玄大事典』(柴辻俊六編 新人物往来社 2000年)で「遺言」の項を見ると、「『甲陽軍鑑』が詳しくその内容を記している」とあり、遺言の概要の記述がある。

2.『甲陽軍鑑大成』第3巻索引篇(酒井憲二編著 汲古書院 1994年)で「ゆいげん(遺言)」を検索し該当箇所を見ると、『甲陽軍鑑大成』第2巻本文篇(酒井憲二編著 汲古書院 1994年)p101上「…信玄公御他界柀成候ヘ共、三年かくし候て…」という文はあるが遺言書の掲載はない。

3.更に同索引で「家督」を検索し該当箇所を見ると、『甲陽軍鑑大成』第1巻本文篇(酒井憲二編著 汲古書院 1994年)のp446から死去の際の様子と遺言の記載がある。p449に死を3年間伏せるようにという当該の記述がある。

4.『甲陽軍鑑』の現代語訳の図書で該当部分を確認すると、『甲陽軍鑑(原本現代訳)』(腰原哲朗解説・訳 教育社 1980年)p324に「信玄公逝去につき御遺言」の項がありp326から当該の記述がある。また、『甲陽軍鑑(原本現代語新訳)』2巻(腰原哲朗現代語新訳・解説 ニュートンプレス 2003年)にもp295から遺言の記述がある。その他現代語訳はいくつかある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『甲陽軍鑑大成』第1巻本文篇(酒井憲二編著 汲古書院 1994年) (p449)
『甲陽軍鑑(史料叢書)』中巻(磯貝正義校注 新人物往来社 1976年) (p355,358)
『武田信玄大事典』(柴辻俊六編 新人物往来社 2000年) (p18)
『甲陽軍鑑大成』第2巻 本文篇(酒井憲二編著 汲古書院 1994年) (p101)
『甲陽軍鑑:原本現代訳』(腰原哲朗解説・訳 教育社 1980年) (p326)
『甲陽軍鑑:原本現代語新訳』第2巻 指揮(腰原哲朗現代語新訳・解説 ニュートンプレス 2003年) (p297)
『甲陽軍鑑:原本現代訳(教育社新書)』中巻 はためく風林火山(腰原哲朗訳 教育社 1979年) (p340)
キーワード
(Keywords)
武田信玄
戦国武将
遺訓
逸話
遺言
山梨県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・『甲斐志料集成』第5巻 歴史篇 2(甲斐志料集成刊行会編 歴史図書社 1981年)を確認すると、収載の「武田三代軍記」にも該当の記述がある(p337-338)が、「武田三代軍記」は「甲陽軍鑑」より新しいものである。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土(武田氏・武田信玄・武田家臣)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000073055解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!