このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000073007
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006434
事例作成日
(Creation date)
2010年05月14日登録日時
(Registration date)
2010年10月28日 09時59分更新日時
(Last update)
2010年10月28日 09時59分
質問
(Question)
家に客人を招くときや知人宅を訪問するとき、部屋での席次はどのように決めたらよいか。
回答
(Answer)
原則として出入口に近い方が下座、遠い方が上座になるが、和室では床の間を中心に考える。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.『ビジネスマナー(イラストBOOK はじめてのビジネス)』(古谷治子著 インデックス・コミュニケーションズ 2007年)を見ると、p51に「上座とは?」という簡単なイラストと説明がある。

2.『冠婚葬祭常識事典』(主婦の友社編・発行 主婦の友社 2008年)を見るが記述なし。

3.『すぐ役立つ冠婚葬祭事典(主婦の友百科シリーズ)』(主婦の友社 1999年)を見ると、「席次のマナー いろいろな席での上座・下座」として、和室・洋室・列車・車・エレベーターなどの席次が、図入りで説明されている。

4.『冠婚葬祭マナー事典』(小学館 2007年)にも、和室と洋室の上座と下座が、図入りで紹介されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
参考資料
(Reference materials)
『すぐ役立つ冠婚葬祭事典:最新版(主婦の友百科シリーズ)』(主婦の友社 1999年) (p202)
『冠婚葬祭マナー事典』(小学館 2007年)
 (p375,377)
キーワード
(Keywords)
席次
上座
下座
マナー
礼儀作法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
民俗・風俗習慣
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000073007解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!