このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072995
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2010-038
事例作成日
(Creation date)
2010/05/27登録日時
(Registration date)
2010年10月28日 02時03分更新日時
(Last update)
2010年12月01日 10時54分
質問
(Question)
シャンボール城の建設目的、歴代の所有者等を中心としたシャンボール城の歴史全般について知りたい。
回答
(Answer)
1 歴代所有者について
(1)『中世ロワール河吟遊』(アンドレ・カストロ著 原書房 1993)
p261-282 「14 シャンボールのときに沿って」ルイ14世(国の所有の頃)からシャンボール伯までの城の所有者について、物語風の記述あり。 
巻末p10 「ロワールの城めぐり」の中に「シャンボール城」の項あり。城についての記述に「所有者」の項あり。フランソワ1世からの所有者について記述あり。途中の部分の歴史については、本文を見るようにページのガイドもあり。

(2)『ロワールの城 ミシュラン・グリーンガイド』(実業之日本社 1991) 
p83-86 シャンボール城館の項あり。
フランソワ1世に続く所有者(王)について記述あるが、あまり明確ではない。記述は次のとおり。
①「シャンボールは、ルイ十三世が弟のガストン・ドルレアン(p72参照)に与えたブロワ伯爵領の一部をなしていた。」
p72「1626年ルイ十三世は、絶対的な権力をもつ枢機卿と対立する王弟のガストン・ドルレアンを遠ざけるため、ブロワ伯爵領と(中略)を弟に与えた。」
②ルイ十四世の治世下にシャンボールはふたたび王領に戻った。
③ルイ十五世は、シャンボール城館を、ホーランド王位を追われた義父のスタニスラ ス・ レグザンスキ(レシュチェンスキ)の手に委ねたあと、サックス元師にフォントネ-の 戦勝の褒賞として4万リーヴルの収入と共にこの城を与えた。
④1809年、ナポレオンはシャンボール城館を、腹心のヴァグラム大公ベルチエに対して世襲貴族領として与えた。
⑤1821年、公開応募制により売りに出され、(中略)王位継承者のボルドー公爵の手に落ちた。
⑥シャンボール伯アンリは、(中略)シャンボール城館に居を定めた(中略)彼は1883年にこの世を去り、王党主義の最後の証人であったシャンボール城館は甥のパルマ公爵の手に渡った。1932年、国が1100万フランを支出して相続人から買収し、現在に至っている。

2 城の建築目的・歴史について
(1)『ユネスコ世界遺産 8』(講談社 1996)
p206-211 「シャンボール城」に、城の建築目的・歴史について記載あり。
初代フランソワ1世、「2番目の主人」アンリ2世の記述あり。
(2)『ヨーロッパ・古城と寺院の旅』(井上宗和著 新声社 1974)
p115-116 シャンボール城の項あり。王族の継承については多少の記述あり。

(3)『ヨーロッパの旅 城と城壁都市』(紅山雪夫著 創元社 1998)
シャンボール城についてはp223-227に記述があるが、歴代所有者の記載はほとんどなし。
「もともとここはブロワ伯家の狩りの館があった。ブロワ伯家が断絶したあとはオルレアン家のものになり、1519年にフランソワ1世がそれを取り壊して、壮大な城館を新築するための用地にあてた。(中略)後に、ルイ15世がマレシャル・ド・サックス元帥の戦功を賞してこの城を下賜したのであるが(後略)」

3 世界遺産関連
『世界遺産「全データ」大事典』(新人物往来社 1998)
p177 建設目的・世界遺産としての概要について記載あり。

4 建築について
『図説世界建築史 10』(本の友社 1998)
p189-194 平面図あり。  
『ヨーロッパの宮殿』(太田静六著 理工図書 1999)
p23-24 城の歴史について記載あり。平面図あり。
『ヨーロッパの古城 城郭の発達とフランスの城 世界の城郭』(太田静六著 吉川弘文館 1989)
p147-149 平面図あり。

シャンボ-ル城公式Webサイトあり。
http://www.chambord.org/Chambord-ja-idm-1-n-Accueil.html  2010/07/23最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈ロワール〉〈フランス & 古城〉〈シャンボール城〉〈世界遺産〉で検索する。

《MAGAZINE PLUS》《CiNii》を〈シャンボール城〉で検索すると5件ヒットするが、いずれも該当する記述なし。
「フランス―シャンボール城(世界遺産)」(『Aera 12-42』p90 朝日新聞社 1999)
真鍋博著「シャンボール城(目次絵のことば)」(『正論 309』p150-151 産経新聞社 1998)
「シャンボール城 (NICE SPACE)」(『SD(スペースデザイン) 221』p81-84 鹿島出版会 1983)

【調査済み資料】
『世界の建築・街並みガイド 1』(エクスナレッジ 2003)
『図説*西洋建築史』(陣内秀信 彰国社 2005)
『フランス(地球・街角ガイド』(同朋舎出版 1995)
『フランス(読んで行って楽しめる海外旅行書』(ナショナルジオフイック社 1999)
『ヨーロッパの旅 城と城壁都市』(紅山雪夫著 創元社 1998)
『王の城と王妃の宮殿物語』(井上宗和著 グラフィック社 1989)
『世界の城』(北海道新聞社 1977) 
『ヨーロッパ・古城の旅』(井上宗和著 角川書店 1984)
「シャンボールの城は、1519年、フランソワ1世によって起工されたが、(中略)完成は起工から20年も過ぎた
1539年、アンリ2世のときであった。(中略)アンリ2世の後にもフランス王家の離宮として長く使用された。」
『フランス 1 ロワール流域から北へ』(福井憲彦著・写真 山川出版社 2005)
シャンボール城について記述あるが、歴代所有者については記述なし。
『世界の文化史蹟 13』(講談社 1969)
『フランス(地球・街角ガイド』 (同朋舎出版 1995)
『フランス(読んで行って楽しめる海外旅行書)』(ナショナルジオフイック社 1999)
『ロワールの城 』(実業之日本社 1995)
『ロワール川』(田辺保著 恒星出版 2001)

《NDL-OPAC》を〈シャンボール城〉で検索し、2件ヒットしたうちから参考になりそうな資料あり。(内容未確認)
「フランス フォンテンブロー宮殿と庭園 シャンボール城」 (「週刊ユネスコ 世界遺産 №17」講談社 2001)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
フランス  (235 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中世ロワール河吟遊』(アンドレ・カストロ著 原書房 1993)
『ロワールの城 ミシュラン・グリーンガイド』(実業之日本社 1991)
『ユネスコ世界遺産 8』(講談社 1996)
『ヨーロッパ・古城と寺院の旅』(井上宗和著 新声社 1974)
『ヨーロッパの旅 城と城壁都市』(紅山雪夫著 創元社 1998)
『世界遺産「全データ」大事典』(新人物往来社1998)
『図説世界建築史 10』(本の友社 1998)
『ヨーロッパの宮殿』(太田静六著 理工図書 1999)
『ヨーロッパの古城 城郭の発達とフランスの城 世界の城郭』(太田静六著 吉川弘文館 1989)
キーワード
(Keywords)
フランス史
ロワール地方
世界遺産
シャンボール城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000072995解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決