このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072968
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2010-033
事例作成日
(Creation date)
2010/06/05登録日時
(Registration date)
2010年10月28日 02時03分更新日時
(Last update)
2010年11月16日 14時28分
質問
(Question)
寛永二年~寛永七年頃に書かれた、椿の愛好家だった公家や僧侶の日記を見たい。 
椿の品種「観音寺椿」の由来が、「観音寺」で生まれた物であるという裏付け資料を探している。
回答
(Answer)
神道家・僧侶である梵舜(ぼんしゅん)(京都豊国神社社僧神竜院)の日記『舜旧記』に、以下のような、観音寺椿の記述が見られる。
第6巻p93 元和9年(1623)4月13日「寿等方ヨリ椿之穂来、号観音寺椿也」
第7巻p187 寛永6年(1629)9月3日「ささ屋新五郎ヘ無心申入也、椿取遣也、観音寺椿也」

この他に、江戸前期の僧、鳳林承章(ほうりんじょうしょう)(京都の等持院、鹿苑寺、相国寺などの住持)の日記『隔蓂記(かくめいき)』に、椿に関する記述が多数あるが、由来について書かれている資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『花と木の文化 椿』(渡辺武著 家の光協会 1980)
p21-28 「近世の文献に現われたツバキ」に「寛永・正保(1624-48)のころの鳳林和尚『隔冥記』に、椿花の授受や接ぎ穂所望などがみられる。」
「宮廷の椿図譜では、近衞予楽院家熙(1667-1736)の日記『槐記』に後西上皇の絵巻が見られる。」

『隔蓂記(かくめいき) 総索引』(〔鳳林承章〕〔著〕 思文閣出版 2006)
寛永12年8月(第1巻)~正保2年12月(第7巻)
江戸前期の僧、鳳林承章(ほうりんじょうしょう)の日記。京都の等持院、鹿苑寺、相国寺などの住持。
p544 事項索引に〈椿〉の項あり。200件ほど日記の中に椿の記述がある。
『隔?記 1 自寛永十二年八月至正保二年十二月』(〔鳳林承章〕〔著〕 思文閣出版 1997)
p154 「八日・・・呼小谷、於北野小左衛門所、買椿三本 大村・白腰蓑・吉田 此三本椿也。」
p302 「廿七日・・・院之侍為御使者、被来、椿花一輪被下也。一輪之中、紅白染分之椿也。奇妙之椿也。」
p682 「十日、晴天也。自 仙洞、椿花十輪被許管窺也。自永井信濃守、進上被仕椿共也。驚凡眼也。獅子椿・宗圓腰蓑・腰蓑・大白玉・一重星・八重獅子・粟盛椿・實盛・大村・一重獅子・此十種也。」
※観音寺椿という名は項目数が多すぎるため未確認。

『槐記』(山科道安著 山田茂助 1900)
国立国会図書館近代デジタルライブラリーで閲覧可能である。
http://kindai.ndl.go.jp/BIBibDetail.php  国立国会図書館 2010/07/15最終確認)

《Google》で〈観音寺椿〉で検索すると、以下の資料が見つかる。
「舜旧記」(Googleブックス:図書のイメージ)
第8巻
p18 「観音寺椿(椿之穂)」⑥93 ⑦187とあり
http://books.google.co.jp/books?id=RjwmXjUbGrMC&pg=PA18&lpg=PA18&dq=%22%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E5%AF%BA%E6%A4%BF%22&source=bl&ots=h-vNiIcJvp&sig=jNZ-K-UTbfN5GGJhDcXAh9wnYsQ&hl=ja&ei=N6MITPS-D46lcZLFnLIO&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=11&ved=0CEQQ6AEwCg#v=onepage&q=%22%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E5%AF%BA%E6%A4%BF%22&f=false
2010/07/15最終確認)
  
『舜旧記 (史料纂集 〔古記録編〕) 6・7』(続群書類従完成会 1994)
神道家・僧侶である梵舜の日記(京都豊国神社社僧神竜院)
第6巻p93 元和9年(1623)4月13日「寿等方ヨリ椿之穂来、号観音寺椿也」
第7巻p187 寛永6年(1629)9月3日「ささ屋新五郎ヘ無心申入也、椿取遣也、観音寺椿也」

【その他の調査済み資料】
『椿しらべ』(安達トウ子著 講談社 1999)
『史料綜覧 16 江戸時代3』(東京大学史料編纂所編 印刷局朝陽会 1957)
『史料綜覧 17 江戸時代4』(東京大学史料編纂所編 印刷局朝陽会 1963)  
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
花卉園芸[草花]  (627 9版)
参考資料
(Reference materials)
『舜旧記 (史料纂集 〔古記録編〕) 6・7』(続群書類従完成会 1994)
『隔蓂記』(〔鳳林承章〕著 思文閣出版 1997)
キーワード
(Keywords)
椿
日記文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000072968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!