このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072770
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201005-02
事例作成日
(Creation date)
2008/12/15登録日時
(Registration date)
2010年10月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年12月15日 11時43分
質問
(Question)
辰野・片岡建築設計事務所所属であった吉木久吉(よしききゅうきち)という人物について知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料をご紹介した。

・『日本の建築 明治大正昭和6 都市の精華』(三省堂,1979.9)  
  吉木久吉の写真あり。(p.154)
・『近代建築の黎明-明治・大正を建てた人びと-』(神代 雄一郎/著 美術出版社,1963.7)
  吉木久吉の名前あり。(p.210.211)
・『大大阪モダン建築』(青幻舎,2007.11) 
  旧新町演舞場(現大阪屋) 吉木久吉設計と記載(p.112)
・『関西の近代建築-ウォートルスから村野藤吾まで-』(中央公論美術出版 1996.11)
  辰野片岡事務所についてあり(p.14~)
  開設当初の23名の所員のチーフ的役割を果たした人物として吉木久吉の名あり、明治41年入所と記載。(p18)
・片岡 安 「大阪辰野片岡事務所の事業概要」 『建築雑誌』29(348), 841-847, 1915-12-25
・矢橋 賢吉 「議院建築圖案懸賞募集と其圖案に就て」『建築雑誌』 33(396), 554-556, 1919-12-25
 ※上記2論文は、CiNii - NII論文情報ナビゲータ  http://ci.nii.ac.jp/  (2010.10.22確認)で本文公開。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館書誌検索

フリーワード吉木久吉”では該当なし。

フリーワード“辰野金吾”で検索、下記5件。

『家屋建築実例 第1巻之図』(須原屋書店 1908)は、辰野金吾の著作。
『日本インテリア紀行』(五曜書房 2007.12)・『巨匠の宿』(新潮社 2004.8)は、辰野金吾設計の建築物について記載あり。
『父の書斎』(筑摩書房 1989.6)には、辰野金吾の章あり。
『東京駅の建築家辰野禁金吾伝』(東 秀紀/著 講談社,2002.9)は小説。

フリーワード“片岡安”で検索、下記の本人の著作あり。

『都市と建築』(片岡 安/著 市民叢書刊行会 1923.11)
『現代都市之研究』(片岡 安/著 建築工芸協会 1916)

フリーワード“大阪×近代×建築”で該当の下記5点を内容確認。

・『関西の近代建築-ウォートルスから村野藤吾まで-』
辰野片岡事務所についてあり(p.14~)、開設当初の23名の所員のチーフ的役割を果たした人物として吉木久吉の名があり、明治41年入所と記載。(p18)

同資料記載参考文献確認
『近代日本建築学発達史』(丸善,1972) 該当なし
片岡 安 「大阪辰野片岡事務所の事業概要」 『建築雑誌』29(348), 841-847, 1915-12-25
 CiNii - NII論文情報ナビゲータ  http://ci.nii.ac.jp/  (2010.10.22確認)で本文公開。

下記には関連の記載なし
・『大阪市近代建築物調査報告書』
・『日本の近代都市・近代建築論文集』
・『近代建築画譜-近畿篇-』

2.CiNii - NII論文情報ナビゲータ  http://ci.nii.ac.jp/  (2010.10.22確認)調査

“吉木久吉”では該当なし。
“辰野金吾”では71件、“片岡安”では45件あり。

3.商用データベース「MAGAZINEPLUS」(日外アソシエーツ雑誌論文情報)調査

“吉木久吉では該当なし。
“辰野金吾”では21件、“片岡安”では10件あり。

4.大阪府立中之島図書館大阪文献データベース http://refdb.library.pref.osaka.jp/cdb0100.asp  (2010.10.22確認)調査

“辰野金吾”、“吉木久吉”では該当なし。
“片岡安”で1件。
「片岡安と関一の住宅政策思想」『ヒストリア』125号(p.96)

5.インターネット情報を調査

国立国会図書館・レファレンス情報システム、Google Scholar、学術コンテンツポータル・GeNii、国立国会図書館デジタルアーカイブポータル・PORTAこれらの検索では回答に結びつく手がかりなし。

6.Googleブックス http://books.google.com/  (2010.10.22確認)検索

“吉木久吉”で検索、該当の資料2点内容確認。

・『日本の建築 明治大正昭和6 都市の精華』吉木久吉の写真あり。(p.154)(質問者は既知)
・『近代建築の黎明-明治・大正を建てた人びと-』吉木久吉の名前あり。(p.210.211)

7.Google検索

“吉木久吉”で検索すると、個人ブログでに旧新町演舞場(現大阪屋)が吉木久吉による設計であるとの記載あり。
ブログ内の参考文献を確認、『大大阪モダン建築』(青幻舎,2007.11)吉木久吉設計と記載(p.112)。
『モダン・シティふたたび 1920年代の大阪へ』に事務所名が記載あり。(p.57)
神奈川県庁舎のコンペ結果内に、吉木久吉の住所あり。(『建築世界』大正6年10月号が出典)
また、『日本紳士録』14版に記録のあることが確認できた。

“吉木久吉”ד文献”で検索すると、「建築家矢橋賢吉とその作品について」 http://white.freespace.jp/layla/yabashi-02.html  (2010.10.26確認)がみつかる。
それによると、「議院建築図案懸賞募集と其の図案に就て」『建築雑誌』vol.33 no.396の記事に、国会議事堂の建築コンペの吉木案(2等当選)についての選評掲載。
CiNii - NII論文情報ナビゲータ  http://ci.nii.ac.jp/  (2010.10.22確認)で 本文公開。
矢橋 賢吉 「議院建築圖案懸賞募集と其圖案に就て」建築雑誌 33(396), 554-556, 1919-12-25
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築学  (520 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の建築 明治大正昭和6 都市の精華』三省堂,1979.9<当館書誌ID:0070073566>
『近代建築の黎明-明治・大正を建てた人びと-』神代 雄一郎/著 美術出版社,1963.7<当館書誌ID:0080274626>
『大大阪モダン建築 GREAT OSAKA GUIDE BOOK 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。』橋爪 紳也/監修 高岡 伸一/編著 三木 学/編著 青幻舎,2007.11 ISBN 978-4-86152-128-7<当館書誌ID:0011519077>
『関西の近代建築 ウォートルスから村野藤吾まで』石田 潤一郎/著 中央公論美術出版,1996.11 ISBN 4-8055-0826-4<当館書誌ID:0000582766>
片岡 安 「大阪辰野片岡事務所の事業概要」 『建築雑誌』29(348), 841-847, 1915-12-25
矢橋 賢吉 「議院建築圖案懸賞募集と其圖案に就て」『建築雑誌』 33(396), 554-556, 1919-12-25
キーワード
(Keywords)
辰野金吾
片岡安
吉木久吉
辰野・片岡建築設計事務所
関西建築協会
新町演舞場
大阪屋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
大阪府立中央図書館 http://www.library.pref.osaka.jp/ (2010.10.26確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072770解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!