このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072756
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市名-2010-008
事例作成日
(Creation date)
2010年09月16日登録日時
(Registration date)
2010年10月26日 15時53分更新日時
(Last update)
2011年02月12日 13時52分
質問
(Question)
柳宗元の漢詩に出てくる「八駿」の意味を知りたい。
回答
(Answer)
八駿とは“周の穆王の八頭のすぐれた馬”のことです。八駿の名前については、(A)赤驥・盗驪・白義・踰輪・山子・渠黄・華驑・緑耳(『列子』・『穆天子伝』)とするもの、(B)絶地・翻羽・奔霄・超影・踰輝・超光・騰霧・挾翼(『拾遺記』)とするものがありますが、柳宗元の「觀八駿圖説」の八駿は(A)を指すようです。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まずは漢詩の棚を探しましたが適当なものが見つかりませんした。そこで、『大漢和辞典』を調べてみると「八駿(ハッシュン)」の見出しがあり、“周の穆王の八頭のすぐれた馬。八駿馬。〔柳宗元 觀八駿圖説〕…”とありました。同書には(A)赤驥・盗驪・白義・踰輪・山子・渠黄・華驑・緑耳の八頭と、(B)絶地・翻羽・奔霄・超影・踰輝・超光・騰霧・挾翼の八頭の名前を挙げて、それぞれの出典などが記されていました。

(2)インターネットで「八駿」と検索すると、ウィキペディアに「穆王八駿」のページがあり、“穆王八駿(ぼくおうはっしゅん)は、中国の伝説に登場する8頭の駿馬…”とあり、(B)についての説明があったほか、参考文献として『幻想動物事典』が挙げられていました。そこで、参考図書の棚で中国の伝説に関する資料を探すと、『中国神話・伝説大事典』に(A)(B)の両方について書き下し文での引用と説明がありました。なお、同書では(A)について西晋代の郭璞(かくはく)が“「八駿はみなその毛の色で命名している」と注を付している”とありました。

(3)さらに、「八駿」には「八」の数字が含まれているので参考図書の棚で名数辞典を調べてみると、『中国名数辞典』にも(A)(B)の名前が記載されていました。

(4)また、『大漢和辞典』に記述のあった柳宗元の「觀八駿圖説」について調べてみると、「唐宋八大家文読本」にありました。『新釈漢文大系 71 唐宋八大家文読本2』によると「驊驑」・「白義」・「山子」の名前が挙げられていることから、柳宗元の「觀八駿圖説」の「八駿」は(A)を指しているとわかりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国文学  (920 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 修訂版 巻2』  諸橋轍次/著 大修館書店 1986年 p.12
『幻想動物事典』 草野巧/著 新紀元社 1997年
『中国神話・伝説大事典』 袁珂/著 鈴木博/訳 大修館書店 1999年 p.557
『中国名数辞典』 川越泰博/編 国書刊行会 1980年 p.106
『新釈漢文大系 71 唐宋八大家文読本2』 明治書院 1976年 p.646-649
キーワード
(Keywords)
八駿
観八駿図説
柳宗元
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072756解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!