このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072628
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000006334
事例作成日
(Creation date)
2010年04月23日登録日時
(Registration date)
2010年10月21日 17時02分更新日時
(Last update)
2010年10月21日 17時02分
質問
(Question)
自宅の寺院で帙入りの教典(古文書)を保存していており、3年毎に虫干しをしているが、防虫剤を使った方がよいか。
回答
(Answer)
虫干し(曝涼)の際に、保存箱に防虫剤を補填し、湿気のない場所に保管する。虫干しは、春と秋の2回、天気の良い乾燥した日に、陰干し・風通しを行うと、殺虫、殺カビに効果がある。防虫剤は、薬害が少なく効果の高いパラジクロロベンゾールが適当だが、樟脳と併用すると、化学反応を起こし溶解、液化し、資料を汚損する危険性があるので、薬剤の併用はしないよう注意が必要。
回答プロセス
(Answering process)
1.NDC014の書架で適当な資料をブラウジングによりピックアップ。『古文書の補修と取り扱い』(中藤靖之著 雄山閣出版 1998年)に保管場所、パラジクロロベンゾールよる防虫、虫干しについて記載あり。

2.『古文書の補修と取り扱い』の巻末の参考文献により、参考になりそうな資料について内容を確認すると、『日本古文書学講座』1巻(雄山閣 1978年)にも「大文庫の場合は別として、一般の場合には」として、同様に、保管場所、パラジクロロベンゾールよる防虫、虫干しについて記載あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報資源の収集・組織化・保存  (014 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古文書の補修と取り扱い』(中藤靖之著 雄山閣出版 1998年)
 (p208)
『日本古文書学講座』第1巻 総論編(雄山閣 1980年)  (p304)
キーワード
(Keywords)
古文書
資料保存
虫干し
防虫
パラジクロロベンゾール
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
出版・読書
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000072628解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!