このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072230
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
22-61
事例作成日
(Creation date)
2010年10月11日登録日時
(Registration date)
2010年10月13日 11時08分更新日時
(Last update)
2015年08月27日 13時20分
質問
(Question)
松山市の秋祭りでかかっている曲「神輿音頭」について
1 歌詞
2 作詞・作曲者、歌手名
3 いつから祭りの曲として使われているか。
回答
(Answer)
1 歌詞 以下の資料に掲載あり
【資料1】
【資料2】 p551(一部分のみ掲載)
【資料3】 p504

2 作詞・作曲者、歌手名
作詞/矢野亮 作曲/中野忠晴 歌手/三橋美智也
(4)J-WID(日本音楽著作権協会 作品データベース検索)より
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main.jsp?trxID=F20101&WORKS_CD=08349002&subSessionID=001&subSession=start
(5)中野忠晴の功績とその評価( http://www.tadaharu.com/ )のうち、「中野忠晴戦後リスト」には、編曲者名、カップリング曲の歌唱者等も記載されているが、発売年月は空欄となっている。

3 いつから使用されているか
・上記【資料2】のp545及び【資料3】には、“現在も歌われるのは、(略)昭和28年(略)三橋美智也吹込みの(略)”とあるだけで、使用開始時期は不明。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
声楽  (767 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『名湯道後の観光[パンフレット]』 道後温泉事務所/〔編〕 道後温泉事務所 〔19‐‐〕【K293.1--94[パンフレット]】
【資料2】『松山市史 第4巻』 松山市史編集委員会/編 松山市 1995 【K231--49--4】
【資料3】『松山市誌』 松山市誌編集委員会/編 松山市 1962 【K293.1--23】
キーワード
(Keywords)
神輿音頭(みこしおんど)
祭り(愛媛県松山市)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
なお、神輿音頭のCDは松山市役所国際・観光交流課にて貸出している(2015年8月27日現在・松山市立中央図書館情報寄与)。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072230解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!