このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072138
提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000103326
事例作成日
(Creation date)
2010年07月17日登録日時
(Registration date)
2010年10月08日 18時38分更新日時
(Last update)
2010年10月08日 18時52分
質問
(Question)
「一片の草にも語るべき歴史あり、ロマンがある」という詩の一節を書いた詩人は誰か。
また、詩の全文が見たい。(スイスの哲学者で詩人だったと思う)
回答
(Answer)
スイスの詩人、哲学者のアンリ・フレデリック・アミエルによる『アミエルの日記』の一節と思われる。

Googleブックスにて、キーワード「grass」、著者「amiel」で検索したところ、Henri Frdric Amiel (2009)『Amiel's Journal, the Journal Intime of Henri-Frdric Amiel 』(BiblioLife)47pの以下の文章がそれにあたると思われる。

http://books.google.co.jp/books?id=SJz6L8-Ctq8C&pg=PA47&dq=grass+inauthor:amiel&hl=ja&ei=v2JCTNSQAcbQccuD0MwP&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CDIQ6AEwAg (最終確認日:2010年7月22日)

“ 28th March 1855-Not a blade of grass but has a story to tell, not a heart but has its romance, not a life which does not hide a secret which is either its thorn or its spur.”

同書を訳した資料1~3の該当部分は以下のとおり。

資料1「草の葉一片にも語るべき物語があり、一つの心にもその小説があり、〔一つの顔にもその微笑が悲を蔽ひ、〕一つの生涯にも針なり棘なり秘密が隠されてゐる」

資料2「一片の草の葉にも語るべき歴史がある。たった一つの心にもそのロマンがある。たった一つの人生にも秘密や針や棘が隠されてゐる」

資料3「一枚の草の葉にも語るべき物語があり、一つの心にもその小説があり、一つの顔でも、その微笑は悲しみを隠している。一つの人生にも秘密や針やとげが隠されている」

以上を紹介。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日記.書簡.紀行  (955 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『アミエルの日記 (一)』 岩波書店 1935 [当館請求記号:955/H 9] p150
2 『アミエルの日記 上巻』 創芸社 1950 [955/I 0] p139
3 『人生について』 白水社 1997 [955/M 7] p127
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072138解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決