このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072089
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
6000002361
事例作成日
(Creation date)
2007/3/13登録日時
(Registration date)
2010年10月07日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年08月25日 14時50分
質問
(Question)
小学校の給食の時間に先生に教わった言葉「はし取らば 雨土みよの御めぐみ 国と親との恩をあじわえ いただきます」について、内容がはっきりとしないので、正確な言葉を知りたい(質問者は昭和22年生まれ)。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1:「昭和戦前前期編 第一部 初等教育 第四章 学校給食施策の展開 第一節 昭和恐慌と給費・給食方策の展開」のp874より、昭和7年11月から給食を開始した島根県松江市立白潟小学校では「箸とらば、天地御代の御恵み、親や師匠の恩を味へ」と唱和させていたとの記述あり。また、この言葉の典拠資料は、島根県教育会編『島根教育』第501号。
資料2:昭和19年、東京・大森の馬込国民学校6年生が静岡県岡部町に学童疎開し、毎日食膳に唱えていた言葉として「箸とらば、天地 御代の御恵み 父母や 祖先の恩を忘するな」の記述(体験記)あり。
資料3:【資料1】の典拠資料。

<町田市立中央図書館からの情報 2011/1/10追記>※「昭和館」( http://www.showakan.go.jp/ )からの回答。
資料4:「「戦中は“箸取らば、天地御代の御恵”といって祖先や親の恩を味わい、いただいた。学校の弁当の時にも唱えた」と、言葉の記憶はあいまいで誤っているが「箸とらば」の唱和を伝えている」との記述あり。
・『東京市常会指導者必携』(東京市役所 昭和17年8月発行) この文言の其の一から三までがある。 
・雑誌『いとし児』(第14巻11号 昭和17年11月)p22~24 「国民学校の食事作法について」(熱田梅子)のなかで、「朗誦」について紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACで、「給食」「訓育」などのキーワードで検索。また、学校給食(374.9)、教育史(372)などの書架にも直接あたる。
事前調査事項
(Preliminary research)
『食卓文明論』(中央公論新社,2005)は調査済み。
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 8版)
教育史.事情  (372 8版)
参考資料
(Reference materials)
島根県近代教育史第2巻島根県教育庁総務課/編島根県教育委員会 (1979、p874 【資料1】)
学童疎開の記録2全国疎開学童連絡協議会/編大空社 (1994、p110~111「私の学童疎開時代」 【資料2】)
島根教育第五百号~五百十一号島根縣教育會島根縣教育會 (501号(複写) ※貸出禁止資料 【資料3】)
文化としてのマナー,熊倉 功夫/著,岩波書店 (1999、p48 【資料4】)
キーワード
(Keywords)
給食(キュウショク)
訓育(クンイク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000072089解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!