このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071848
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
八幡一般室 135
事例作成日
(Creation date)
2010年09月29日登録日時
(Registration date)
2010年09月29日 14時37分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 15時38分
質問
(Question)
今話題の「焼きうどん」は小倉発祥だと聞きました。それが分かる資料ありますか?
回答
(Answer)
『北九州物語』によりますと、誕生が「1945年11月」で生まれた所が「だるま堂」とされています。「だるま堂」の場所についての記載はありませんが、「焼ソバ」の「ソバ玉の代わりに乾めんをゆでて使ったのが人気を呼んだ。小倉生まれ焼きうどんの誕生秘話である。」との文章もあり小倉が発祥だとわかります。また、『北九州美味本』や『B級グルメが地方を救う』、『九州宝御膳物語』、「小倉焼うどん研究所」HPでは「だるま堂」のお店の場所の紹介と共に小倉発祥であるという記載があります。
ただし、『蕎麦 うどん トリビア66題』という資料には「“焼うどんの元祖”が、東京・麻布一番1丁目にある高級居酒屋といった趣の「はじめ」である。」とありますが、その説明には「30年ぐらい前」より作り始めたと書かれており、出版年から30年差し引いても、小倉焼きうどんの方が早くから作られていたと思われます。なおこの資料には小倉が元祖であるということも、1つの説として紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
業務端末で「ヤキウドン」と入力しても資料がありませんでした。そのため、食品や郷土料理の分類をあたりました。インターネットでは「小倉 焼きうどん」をキーワードに検索しました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『B級グルメが地方を救う』田村秀著 集英社 2008年 <G383.8/タ>(102、103頁)
『北九州美味本』ゼンリン 2006年 <596/キ>(103頁)
『九州宝御膳物語』豊田謙ニ監修 西日本新聞社 2006年 <383.8/キ>(91頁)
『北九州物語』登本寿典著 海鳥社 2002年<K280/ト>(86~89頁)
『蕎麦 うどん トリビア66題』かくれ家麺喰会著 セントラルSOG 2005年 <383.8/カ>(117~119頁)
小倉焼うどん研究所  http://www.kokurayakiudon.com/
『九州の逸品 100選』月刊はかた編集室編 月刊はかた編集室 2005年 <K596/ゲ>(26、27頁) (「北九州」発祥であるという所までしか記載がありません)
『発見!体験!日本の食事③』ポプラ社 2002年 <383/ハ/3>(16、19頁) (「北九州」発祥であるという所までしか記載がありません)
キーワード
(Keywords)
小倉 焼きうどん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決