このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071812
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-1A-201007-01
事例作成日
(Creation date)
2010/06/13登録日時
(Registration date)
2010年09月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年12月13日 12時19分
質問
(Question)
「譜尼利亜」のヨミを知りたい。「異国船打払令」(1825年)にくり返しこの文字があり、どうやら外国名のようだ。
回答
(Answer)
「譜尼利亜」では見当たらず。
「諳厄利亜」なら「アンゲリア」とよみ、ラテン語(Anglia)。イギリスの呼び名。
回答プロセス
(Answering process)
1.参考図書を調査

国立国会図書館リサーチナビ http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ (2010.9.27確認)
西洋の人名・地名の漢字表記  http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-101092.php (2010.9.27確認)を参照

・『漢字百科大事典』(佐藤 喜代治/[ほか]編集,1996)p1211「地名篇」のイギリスの項に「諳厄利亜」とあり。
・『宛字書きかた辞典』(有沢 玲/編, 2000)p37に「アングリア【羅・英 Anglia】地名イングランド」とある。
 また他の表記として「諳厄里亜」「暗厄利亜」「暗乂利亜」が紹介されている。
・『宛字外来語辞典』(宛字外来語辞典編集委員会/編,1979)p233「諳厄利亜」の項に、他の表記に「諳尼利亜」がある。
・『難読難解日本語実用辞典』( 村石 利夫/編著,1988)p131「英吉利(イギリス)」の項に「江戸時代わが国ではエゲレス、アンゲリヤなどと呼んだ。わが国でさいしょの英和辞典は本木正栄の『諳厄利亜語林大成(あんぎりやごりんたいせい)』(一八一四年)」と紹介されている。

2.商用データーベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」調査

『日本国語大辞典』の「アンゲリア【諳厄利亜】の項目に「《アンゲルア》近世の学者が用いたイギリスの呼び名。イギリス。」とあり。

3.「異国船打払令」について調査

『御触書天保集成 下』(高柳 真三/著,岩波書店,1958)
「六五四一 文政八酉年二月」を見るが、「いきりす」となっており、「譜尼利亜」の文字確認できず。(p.858)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音声.音韻.文字  (811 9版)
参考資料
(Reference materials)
『漢字百科大事典』 佐藤 喜代治/[ほか]編集, 明治書院,1996.1 <当館書誌ID:0000511800>
『宛字書きかた辞典』 有沢 玲/編, 柏書房,2000 ISBN: 4-7601-1826-8 <当館書誌ID:0000787019>
『難読難解日本語実用辞典』 村石 利夫/編著, 第一法規出版,1988.8 ISBN:4-474-07078-X <当館書誌ID:0000326389>
『宛字外来語辞典』 宛字外来語辞典編集委員会/編, 柏書房,1979.11<当館書誌ID:0070014336>
商用データーベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(辞書・事典等)『日本国語大辞典』
キーワード
(Keywords)
外国地名
当て字
漢字
イギリス
諳厄利亜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
ヨミ調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000071812解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!