このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071211
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
八幡東分館 124
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年09月12日 10時44分更新日時
(Last update)
2012年12月26日 15時36分
質問
(Question)
おもちがなぜふくらむのか知りたいのですが、資料はありますか。
回答
(Answer)
『もちの絵本』、『まんがでナビゲート2』に、もち米はアミロペクチンというデンプン100%で作られていると記載されていてその性質が記載されています。
アミロペクチンは分子構造が枝分かれをしていて、絡まりやすい性質があり粘りが出やすくなります。
そしてデンプンの粒は水に比べると大きい粒ですから、表面は水分のない状態になっています。
『たべもの教室①』、『もちの絵本』にはαデンプンとβデンプンの変化について記載されており、βデンプンは分子が規則的で固い性質をもち、αデンプンが分子が不規則で軟らかい性質があることがわかりました。
更に『もちの絵本』に固い餅を焼くと水分と熱でデンプンがα化して軟らかくなり、同時に水分が水蒸気となって体積が増えて外に出ようとし、餅がプクーッと膨らむと記載されています。
回答プロセス
(Answering process)
児童書の書棚にお客様と直接行き、「もち」に関する資料を探しました。
「もちの絵本」、「たべもの教室①」の2冊より餅に含まれるデンプンの変化により膨らむことが判明しました。
更に詳しくしらべるためデンプンで検索をかけましたが、当館の資料ではヒットしなかったため科学の400番の棚より探してくると、「まんがでナビゲート2」にデンプンについての説明記載がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『もちの絵本』
えがわかずなり編 社団法人農山漁村文化協会 2004年 <596/エ> (7頁)
『たべもの教室①』
家庭科教育研究者連盟編 大月書店 1987年 <596/カ/1> (13頁)
『まんがでナビゲート2』
科学教室研究会・毎日小学生新聞編 合同出版 2001年 <407/カ/2> (76,77,80,81,84,85頁)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000071211解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!