このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071178
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2010-015
事例作成日
(Creation date)
2010/04/17登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年09月21日 12時33分
質問
(Question)
神仏混淆だった時、神社には神主と僧の両方がいたのか。それともどちらかが両方を兼任していたのか知りたい。
回答
(Answer)
江戸期には大部分の神社に神宮寺がおかれ、ここに属して仏事を修する「社僧」が置かれた。神主と僧の二人がいたことになる。以下の資料を紹介する。
①『神道史大辞典』(薗田稔編 吉川弘文館 2004)
p565「神仏分離令」の項あり。この中に「明治政府は明治元年3月17日には、全国の神社に対し、神仏習合のため「別当」「社僧」と呼ばれていた僧侶に還俗を命じている」との記述あり。
p564「神仏習合」の項あり。神社の中に神宮寺が設けられる経緯について詳細な記述あり。
p472「社僧」の項あり。「各神社の神宮寺に属して仏事を修する僧侶の総称。(略)中に別当・検校・座主・院主・学頭などの別がある」などの記述あり。
②『神道事典』(國學院大學日本文化研究所編 弘文堂 1994)
p150「社僧(シャソウ)」
神社や神宮寺に所蔵して仏事を修する僧侶の総称。(略)江戸期には伊勢神宮を除き大部分の神社に社僧が置かれたが、明治維新後の神仏分離令により廃絶した。
回答プロセス
(Answering process)
神道関連NDC分類〈17〉の資料を調査し、回答の情報を得る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
宗教史.事情  (162 9版)
参考資料
(Reference materials)
『神道史大辞典』(薗田稔編 吉川弘文館 2004)
『神道事典』(國學院大學日本文化研究所編 弘文堂 1994)
キーワード
(Keywords)
神仏習合
神仏混淆
神社
神官
僧侶
神宮寺
日本-宗教-歴史-江戸時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000071178解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決