このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071171
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2010-008
事例作成日
(Creation date)
2010/03/14登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年09月21日 12時33分
質問
(Question)
路村と街村には、どのような違いがあるのか。
回答
(Answer)
家屋の密集度や街道への依存度により区別しているようである。
①『日本の集落』(矢嶋仁吉著 古今書院 1967)
p104-105 「街村は主要道路などに沿って民家が密集して並列し、そこの住民の生活が街道への依存度の大きい場合、たとえば、封建都市といわれる宿場町、市場町、門前町のように、その機能が商業集落として成立した場合に該当する。これに対して路村というのは、比較的狭い街路に沿って民家が、その片側または両側に並列し、街路への依存度が少なく、主として農業集落として形成されているものに該当する。わが国では、街村と路村の区別が明確ではない・・・」とあり。

②『集落調査法』(矢嶋仁吉著 古今書院 1975)
p63-64 「街村と路村の区別は家屋密度による」とあり。

③『日本歴史地理用語辞典』(藤岡謙二郎編 柏書房 1981)
p566 「路村と街村は形態上紛らわしいが、街村のそれが主要街道を軸に家屋が密集し、商業的交通機能が強く、都市的性格を示し、封建時代の宿場町・市場町・門前町・鳥居前町を街村の代表とするのに対し、路村は、農村・漁村・山村などに見られる一般の道路を軸に配列する集落形態で・・・機能的には第一次産業の比率が高いのが特色である。」とあり。

④『集落地理学』(矢嶋仁吉著 古今書院 1956)
p105-107 路村について説明あり。
p106 「路村と街村とは地図上にあらわれた平面形態より見ると、何れも列状村落と考えられるものであるが、これを構成する民家の集合度や内部の機構および街路への依存度などより見ると、両者は性格を異にするものである。路村は主として農業集落であって、民家の集合度が比較的に疎であり、しかも、街路への依存度が小であるのに対して、街村というのは、たとえば門前町や市場町あるいは宿場町などのように、概ね商業集落で、民家の集合度が大きい。その住民の生活をみると、街村では街路への依存度が大きくなることが特色である。」とあり。

⑤『人文地理辞典』(工藤暢須編 東京堂出版 1967)
p552「路村」、p74-75「街村」あり。「路村の中でも商業的条件、交通的条件などがよいので発達したものは街村となる」とあり。

⑥『くらしの地理』(井出策夫編著 文化書房博文社 1997)
p82-83 「道路に対する生業の依存度が低い列状村は「路村」として、門前町・宿場町・市場町のように、商業的機能をもって道路への依存度の高い列状村である「街村」と区別する」とあり。

⑦『地方史研究の新方法』(木村礎編 八木書店 2000)
p46-47 「割合広い直線道の両側に家屋が並びそれが一集落を形成している。各街道に設定された近世の宿駅はこの形をしている。宿駅には本陣・問屋・旅籠・商店等があり、市街地としての機能を持っているから街村といった方がよい。これに対して同じ直線道を中心とした集落であっても、地割りの均等化のため大小・長短の直線を設定した集落も少なくない。この場合は「路村」と称した方がよい。」とあり。

⑧『辻村太郎著作集 4 景観の地理』(辻村太郎著 平凡社 1986)
p115-117聚落分類について記載あり。
「聚落の形態に関する研究は少なく無いが、マルティニー(R.Martigny)の分類は比較的に合理的といいて宜い。(略)マルティニーに従うと村落形は二つの階級に分たれ、Ⅰ散在聚落 は真の意味に於ける村落の特性を具えていない、政治社会的な区或いは字である。Ⅱこれに対して家屋群が一定の形態を示して集合したものを村落と呼ぶ。(略)今まで多く使用された街村の名称はこれよりも狭い意味を有し中世の植民的村落として解釈されて居る。」とあり。

回答プロセス
(Answering process)
『郷土史大辞典 下』(朝倉書店 2005)「路村」項で紹介されていた参考文献などを調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本の集落』(矢嶋仁吉著 古今書院 1967)
『集落調査法』(矢嶋仁吉著 古今書院 1975)
『日本歴史地理用語辞典』(藤岡謙二郎編 柏書房 1981)
『集落地理学』(矢嶋仁吉著 古今書院 1956)
『人文地理辞典』(工藤暢須編 東京堂出版 1967)
『くらしの地理』(井出策夫編著 文化書房博文社 1997)
『地方史研究の新方法』(木村礎編 八木書店 2000)
『辻村太郎著作集 4 景観の地理』(辻村太郎著 平凡社 1986)
キーワード
(Keywords)
集落地理
人文地理学
路村
街村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000071171解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!