このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071153
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2010-015
事例作成日
(Creation date)
2010/03/19登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年03月11日 09時40分
質問
(Question)
「レーアース」という鉱物についての本はないか。産出地は中国とベトナムの国境付近らしい。
回答
(Answer)
レアアースのことではないか。レアアースは、レアメタル(様々な理由で消費の少ない金属)の一種。希土類(きどるい)の一種であるネオジムやジスプロシウムという鉱物にあたる。以下の記述が見られる資料を提供する。

元素としてのレアアース(希土類)の化学について
『希土類の話 ポピュラー・サイエンス』(鈴木康雄 裳華房 1998)
『希土類の輝き のぎへんのほん』(中村正和 研成社 1991)
『希土類の科学』(足立吟也 化学同人 1999)
『希土類元素の化学 朝倉化学大系18』(松本和子 朝倉書店 2008)

工業鉱物資源としてのレアアースについて
『なぞの金属・レアメタル 知らずに語れないハイテクを支える鉱物資源』(福岡正人 技術評論社 2009)
『レアメタル 技術開発で供給不安に備える』(産業技術総合研究所レアメタルタスクフォース 工業調査会 2007)
『レアメタル・資源-38元素の統計と展望』(西山孝 丸善 2009)
p140-143 希土類(レアアース、REE)について、用途や生産量、価格、消費量などの概説があり。

永久磁石(自動車のモータで使用される)として使われる希土類について
『希土類永久磁石』(俵好夫 森北出版 1999)
『永久磁石 材料科学と応用』(佐川眞人 アグネ技術センター 2007)
まえがきに、「永久磁石は…ハイブリドカーのモータへの需要も増大し…」とあり。

雑誌記事
「高性能モーター 課題は脱/省レアアース」(『日経ものづくり 2008.12』p89-102 日経BP社 2008)
回答プロセス
(Answering process)
鉱物、鉱石関係の資料を調査する。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈レアアース〉〈レアメタル〉〈ハイブリッドカー〉などで検索する。
《Google》を〈トヨタ & ハイブリッド & 鉱石〉で検索すると、ハイブリッドカーのモーターに使われているのは、「レアアース」というウェブ情報があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉱物学  (459 9版)
参考資料
(Reference materials)
『希土類の話 ポピュラー・サイエンス』(鈴木康雄 裳華房 1998)
『希土類の輝き のぎへんのほん』(中村正和 研成社 1991)
『希土類の科学』(足立吟也 化学同人 1999)
『希土類元素の化学 朝倉化学大系18』(松本和子 朝倉書店 2008)
『なぞの金属・レアメタル 知らずに語れないハイテクを支える鉱物資源』(福岡正人 技術評論社 2009)
『レアメタル 技術開発で供給不安に備える』(産業技術総合研究所レアメタルタスクフォース 工業調査会 2007)
『レアメタル・資源-38元素の統計と展望』(西山孝 丸善 2009)
『希土類永久磁石』(俵好夫 森北出版 1999)
『永久磁石 材料科学と応用』(佐川眞人 アグネ技術センター 2007)
「高性能モーター 課題は脱/省レアアース」(『日経ものづくり 2008.12』 日経BP社 2008)
キーワード
(Keywords)
鉱物
レアアース
ネオジムや
スプロシウム
レアメタル
希土類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000071153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!