このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070777
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR10030016
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年09月03日 10時48分更新日時
(Last update)
2010年09月04日 14時15分
質問
(Question)
歌舞伎の演目『音響千成瓢』について、成立時期や評伝などを見たい。
※『黙阿弥全集27』p455-658にこの演目が収録されていて、1ページほどの解説があり、これはすでに確認されている。
回答
(Answer)
○『歌舞伎・浄瑠璃外題事典』p129より
 河竹新七(2)作。明治9年9月、東京・新富座で初演。

○『黙阿弥研究の現在』p198
 作品年譜の明治9年9月15日にこの演目があり、「講談「太閤記」を脚色」と解説がある。他に2つの演目が並んで掲載されており、「全:すべて一番目の太閤記を世話で行った趣向で、材料は春水の人情本であった(「出世」)」という説明がある。

○『河竹黙阿弥』p358
 略年譜の1876年9月に、『音響千成瓢』(娘太閤記)とあり。解説などはなし。

○『江戸歌舞伎の残照』p137-138
 「2章黙阿弥のドラマツルギー」「2話芸との交流」「講談の脚色作品と特徴」”太閤記"の解説で、この演目に若干触れられている。

○歌舞伎名作ガイドなどに複数あたるが、この演目の解説などが載っている資料は見つからず。また、開架で索引のある資料も見てみたが、載っていない。

○『歌舞伎名作選』『名作歌舞伎全集』にも収録されていない。

○黙阿弥・新七関連文献でも、解説などは見つからず。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歌舞伎  (774 8版)
参考資料
(Reference materials)
『歌舞伎・浄瑠璃外題事典』(野島寿三郎/編 日外アソシエーツ 1991.7)(ページ:129)
『黙阿弥研究の現在』(吉田弥生/著 雄山閣 2006.3)(ページ:198)
『河竹黙阿弥:元のもくあみとならん(ミネルヴァ日本評伝選)』(今尾哲也/著 ミネルヴァ書房 2009.7)(ページ:358)
『江戸歌舞伎の残照』(吉田弥生/著 文芸社 2004.9)(ページ:137-138)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000070777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!