このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070650
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-1A-201007-02
事例作成日
(Creation date)
2010年04月02日登録日時
(Registration date)
2010年08月31日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年09月04日 15時57分
質問
(Question)
インスタントコーヒーを発明した人に日本人とアメリカ人がいるらしい。名前を知りたい。
回答
(Answer)
日本人発明者は、1899年(明治32)、液体にしたコーヒーを粉末にする「真空乾燥法」の実験に成功し、1901年(明治34)にニューヨーク州バッファローで開催された「全米博覧会」に、世界初の「ソリューブルコーヒー(インスタントコーヒー)」を発表した米国シカゴ在住の化学者「加藤サトリ」もしくは「加藤博士」、アメリカ人発明者は1909年(明治42)ヨーロッパ市場に「ベルナ」という商品名で売り出されたインスタントコーヒーのラベルによると、「ジョージ・ワシントン」。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵を調査

フリーワード“インスタントコーヒー”で検索、『酒・たばこ・コーヒー 』 (岡部 和彦/編,1988)(p.188)
「表1 コーヒーの概略史」に「1899年 日本の加藤がシカゴでソリブルコーヒー(インスタントコーヒー)を発表」とある。

『ネスカフェはなぜ世界を制覇できたか』(田中 重弘/著 1988)
「日本におけるインスタント・コーヒー略史」(p.44)
1909年ヨーロッパ市場に「ベルナ」という商品名でインスタントコーヒーが売り出され、その発明者は「ジョージ・ワシントン」とラベルにあった。しかし、その人物詳細については不明と記述あり。
また、「チョコレートの製造法が発明の基礎となった」(p.184)の項に、「インスタント・コーヒーの発明者はわが国では日本人加藤サトリ氏だとされている。」とあり、また参考図書として『食の社会学』(加藤秀俊/著 1988年)が紹介。

『食の社会学』「日本人の食事観」(p256)に、インスタントコーヒーの記述があり、「カトウ・サトリ」が1899年に日本でコーヒーの粉末化実験に成功したとことが書かれている。

『発明とアイデアの歴史』( 講談社,1977)「インスタント」(p.116)の項に「カトウ・サトリ」と「G.ワシントン」が紹介されている。

2.商用データーベースを調査

「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(辞書・事典等)を調査
『日本大百科全書(ニッポニカ)』【インスタントコーヒー】の項目に、「コーヒーの粉末化が試みられたのは19世紀末で、アメリカ人のゲイル・ボードンによって試作されたが実用化するに至っていなかった。」とあり、日本人が粉末コーヒーをつくったとあるが、人名の記述はない。

2010.8追加調査

国立国会図書館リサーチナビ  http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/ (2010.8.30確認)を“加藤サトリ”で検索

『日本食文化人物事典 人物で読む日本食文化史』(西東 秋男/編 筑波書房,2005.4)が見つかる。
加藤サトリの項目(p.93)を確認。
「1899年(明治32)、液体にしたコーヒーを粉末にする「真空乾燥法」の実験に成功し、1901年(明治34)にニューヨーク州バッファローで開催された「全米博覧会」に、世界初の「ソリューブルコーヒー(インスタントコーヒー)」を発表した」とあり。
参考文献として、『事典近代日本の先駆者』(富田 仁/編 日外アソシエーツ 1995.6)があげられている。

『事典近代日本の先駆者』(富田 仁/編 日外アソシエーツ 1995.6)加藤サトリの項目(p.199.194)を確認。
参考文献のうち、当館所蔵は下記の図書。
『事物起源辞典 衣食住編』(朝倉 治彦/[ほか]編 東京堂出版,2001.9)
『西洋料理がやってきた』(富田 仁/著 東京書籍,1983.10)

商用データベース「e-レファレンス・ライブラリー」(日外 人物・出版情報)「人物レファレンス事典plus」
“インスタントコーヒー”で検索、「カトウサトリ」の項目あるが、掲載事典は前述の『事典近代日本の先駆者』のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
食品工業  (588 9版)
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0080047194>  発明とアイデアの歴史 -Eureka!- エドワード・デボノ/編 講談社 1977
当館書誌ID <0010964081>  日本食文化人物事典 -人物で読む日本食文化史- 西東 秋男/編 筑波書房 2005.4 4-8119-0278-5
当館書誌ID <0000454165>  事典近代日本の先駆者 富田 仁/編 日外アソシエーツ 1995.6 4-8169-1301-7
当館書誌ID <0010141251>  事物起源辞典 衣食住編 朝倉 治彦/[ほか]編 東京堂出版 2001.9 4-490-10584-3
当館書誌ID <0070053818>  西洋料理がやってきた(東書選書 90) 富田 仁/著 東京書籍 1983.10
『ネスカフェはなぜ世界を制覇できたか』 田中 重弘/著,講談社,1988.2 ISBN:4-06-192777-9 <当館書誌ID:0000332420>
『酒・たばこ・コーヒー 』 岡部 和彦/編, 女子栄養大学出版部,1988.2 ISBN:4-7895-5225-X <当館書誌ID:0000320737>
『食の社会学』 加藤 秀俊/著, 文芸春秋,1980<当館書誌ID:0080008825>
商用データーベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(辞書・事典等)『日本大百科全書(ニッポニカ)』
商用データベース「e-レファレンス・ライブラリー」(日外 人物・出版情報)「人物レファレンス事典plus」
キーワード
(Keywords)
コーヒー
インスタントコーヒー
発明
加藤サトリ
ジョージ・ワシントン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000070650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!