このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070538
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-100059
事例作成日
(Creation date)
2010/06/16登録日時
(Registration date)
2010年08月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年08月28日 02時00分
質問
(Question)
昭和30年以前から現在までの下記のデータが掲載されている資料を探している。
1仙台市営地下鉄の利用者数などの推移
2仙台鉄道の利用者数などの推移
3宮城県内のトラックなどの輸送量の推移
4宮城県内の自動車の登録台数の推移
回答
(Answer)
1仙台市営地下鉄(南北線)の利用者数について

次の資料に年度ごとの利用者数が記載されています。
資料1:仙台市『仙台市統計書』【GK39/3-2】
なお、仙台市営地下鉄は昭和62年(1987)7月15日に開業しましたので(下記調査資料2より)昭和63年(1988)版からの記載です。
また、仙台市営地下鉄の正式名称は「仙台市高速鉄道」です。

2仙台鉄道の利用者数について

仙台鉄道は、大正11年(1922)10月6日に最初の区間である通町-八乙女間が開通、順次路線を延長し、昭和34年(1959)4月30日に営業を廃止しました。次の資料に仙台鉄道の記述があります。
資料3:河北新報社編『宮城県百科事典』1982年【K031/カ2/タ】 p.598
このため、大正11年から昭和34年までの期間を調査しました。

資料4:宮城県知事官房統計課『宮城県統計書』雄松堂書店【GK351/ミ/19M】~【GK351/ミ/25M】
こちらの資料はマイクロフィルムです。
明治11年(1936)から昭和13年(1938)まで所蔵しています。ただし欠号もあります。

資料5:宮城県総務部調査課『宮城県統計総覧』【GK03-1/35-4】
昭和23年(1948)版から昭和49年(1973)版まで所蔵しています。

資料6:菅原照光「仙台軌道っこ」 『埋もれ火』第6号(1993年)pp.4-13【PK201/ウ】
大正11年(1922)から昭和13年(1938)までの輸送量(乗客・貨物)の変化を表した「仙台軌道輸送量の変化」(折れ線グラフ)が記載されています。

3宮城県内の貨物輸送量について

次の資料にその年度ごとの輸送量が記載されています。
資料4:宮城県知事官房統計課『宮城県統計書』雄松堂書店【GK351/ミ/19M】~【GK351/ミ/25M】
鉄道(公営・私営)各駅における貨物の発着量が記載されています。
こちらの資料はマイクロフィルムです。

資料5:宮城県総務部調査課『宮城県統計総覧』【GK03-1/35-4】

資料7:宮城県企画部統計課『宮城県統計年鑑』【GK03-1/35-4】
昭和50年(1975)版から平成19年(2007)版まで所蔵しています。
主に鉄道や航空機、海上輸送による輸送量が記載されています。

資料8:仙台陸運局監修『陸運要覧』仙台陸運協会【G/リ】 
昭和39年(1964)版-昭和58年(1983)版まで所蔵していますが、途中、昭和40年(1965)・昭和44年(1969)・昭和49年(1974)・昭和51年(1976)が欠号となっています。

資料9:東北運輸局監修『運輸要覧 陸運編』東北運輸協会【G/ウ】
昭和59年(1984)版のみ所蔵しています。

資料10:東北運輸局監修『運輸要覧』国土交通省【G/ウ】
昭和60年(1985)版-平成15年(2003)版まで所蔵しています。

資料11:宮城県陸運事務所『要覧』【GK03/13-1】
昭和36年(1961)版、昭和45年(1970)版を所蔵しています。

資料12:宮城県陸運事務所『宮城県陸運要覧』交通行政新聞社【GK03/13-1】
昭和54年(1979)度版のみ所蔵しています。

4宮城県内の自動車登録数について
資料5および資料7~12にその年度ごとの自動車登録数が記載されています。

以上、今回は仙台鉄道が営業を開始した大正11年から現在までの期間を調査しました。
資料4~5および資料7~12はその年度によって統計内容項目が異なっています。
仙台鉄道の利用者数、宮城県内の自動車登録数および輸送量につきましても、統計がとられている年もあれば、取られていない年もあります。

<調査資料>
資料1:仙台市『仙台市統計書』【GK39/3-2】
資料2:仙台市交通局編『SENDAI SUBWAY』1987年【K686/セ3-2/タ】
資料3:河北新報社編『宮城県百科事典』1982年【K031/カ2/タ】
資料4:宮城県知事官房統計課『宮城県統計書』雄松堂書店【GK35/ミ/19M】~【GK351/ミ/25M】
資料5:宮城県総務部調査課『宮城県統計総覧』【GK03-1/35-4】
資料6:菅原照光「仙台軌道っこ」『埋もれ火』第6号(1993年)pp.4-13 【PK201/ウ】
資料7:宮城県企画部統計課『宮城県統計年鑑』【GK03-1/35-4】
資料8:仙台陸運局監修『陸運要覧』仙台陸運協会【G/リ】
資料9:東北運輸局監修『運輸要覧 陸運編』東北運輸協会【G/ウ】
資料10:東北運輸局監修『運輸要覧』国土交通省【G/ウ】
資料11:宮城県陸運事務所『要覧』【GK03/13-1】
資料12:宮城県陸運事務所『宮城県陸運要覧』交通行政新聞社【GK03/13-1】
資料13:宮城バス社史編纂委員会編『宮城バス社史』1970年【K685/ミ3】
資料14:東京出版企画社編『日本の軽便鉄道』1974年【686.9/ト2/タ】
資料15:朴沢 初男著『宮城県の交通物語』宝文堂 1976年【K680/76Y】
資料16:仙北鉄道編『仙北鉄道社史』1959年【K686/セ2】
資料17:仙台陸運局鉄道部編『私鉄沿線の概観』1950年【686.9/セ】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
地下鉄影響調査. 仙台商工会議所/編. 仙台商工会議所, 1987【K672/セ1-12】:
宮城県百科事典. 河北新報社/編. 河北新報社, 1982【K031/カ2/エタ】:
宮城バス社史. 宮城バス社史編纂委員会/編. 宮城バス社史編纂委員会, 1970【K685/ミ3】:
道程. 東北建設協会/編. 建設省東北地方建設局仙台工事事務所, 2000.10【K685/2000.X】:
公文書に見る昔の軌道・鉄道. 宮城県公文書館∥[編]. 宮城県公文書館, [2002.1]【K686/2002.1/タ】:
宮城県の交通物語. 朴沢 初男/著. 宝文堂出版販売, 1976.11【K680/1976.Y】:
埋もれ火. 街道探訪会. 街道探訪会, 1993.10【PK201/ウ】:
軌道事業年表. 仙台市/編. 仙台市, 1976【K686/セ4】:
SENDAI SUBWAY. 仙台市交通局/編. 仙台市交通局, 1987【K686/セ3-2/タ】:
仙北鉄道社史. 仙北鉄道/編. 仙北鉄道, 1959【K686/セ2】:
仙臺市統計書. 仙台市役所 仙台市總務部統計課. 仙台市, 【GK39/3-2】:
宮城県統計年鑑. 宮城県企画部統計課. 宮城県企画部統計課, 【GK03-1/35-4】:
宮城県陸運要覧. 宮城県陸運事務所. 交通行政新聞社, 【GK03/13-1】:
要覧. 宮城県陸運事務所. 宮城県陸運事務所, 【GK03/13-1】:
私鉄沿線の概観. 仙台陸運局鉄道部/編. 仙台陸運局鉄道部, 1950【686.9/セ1】:
日本の軽便鉄道. 東京出版企画社/企画編集. 立風書房, 1974【686.9/ト2/タ】:
宮城県統計書. 第一編, 土地・人口・財政・其他. 宮城県知事官房統計課. 宮城県知事官房統計課, 【GK03-1/35-3】:
宮城県統計書. 第四巻, 雑部. 宮城県[知事官房文書課]. 宮城県[知事官房文書課], 【GK03-1/35-3】:
宮城県統計総覧. . 宮城県総務部調査課, 【GK03-1/35-4】:
宮城県統計書 19(大正10‐12年). 宮城県/編. 雄松堂書店, 1966【K351/ミ/19M】:
キーワード
(Keywords)
仙台市高速鉄道
仙台市地下鉄
仙台市営地下鉄
仙台鉄道
貨物輸送量
自動車登録台数
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000070538解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決