このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070509
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-00-034
事例作成日
(Creation date)
2000/07/26登録日時
(Registration date)
2010年08月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2016年12月16日 17時16分
質問
(Question)
唐詩選 丁仙芝「渡揚子江」の一文が「海盡邊陰靜」と「海盡邊音靜」と本によって二通りあるが、どちらが正しいのか
回答
(Answer)
どちらの説もあるようですので、どちらが正しいか確定することができませんでした。

【追記:2016年12月16日】
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター 寺尾様より、
初唐詩の作者・作品に関する異説について、以下の論文のご紹介がありましたので追記しました。

初唐詩の作者・作品に関する異説について : 宋之問の詩のばあい
安東俊六
中国文学論集 2, p.1-10, 1971-05-01
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/recordID/9823
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/9823/p001.pdf
回答プロセス
(Answering process)
『唐詩選』(東方書店 1989)p89
『漢詩選 6』(集英社 1996)p248
『唐詩選』(明治書院 1996)p91
は「音」

『唐詩選 中』(朝日新聞社 1996)p80
『名勝唐詩選 下』(日本放送出版協会 1996)p50
『唐詩選 上』(岩波書店 1983)p334
は「陰」

となっている。

また、
『漢詩選 6』では注に「一本に音が陰になっている。それなら海上の陰気をいう。」
とあり、両方の説があることが示されている。

『唐詩選 上』では「辺陰 海上に立ち上る陰気ととる説、岸辺のかげととる説、視野のはてのうすぐらいあたりととる説がある。また「辺音」となっている本もあり、岸辺の波の音、辺境地帯の騒乱の音などと解釈が分かれている。いずれにしても上の「海尽」の解釈と関係する。」とあり、解釈にも違いがあることがわかる。


別件として、この詩は作者についても論争があるよう。
『名勝唐詩選 下』では作者は孟浩然となっており、注に「丁仙芝の作とも言われている」とある。
『唐詩選 中』でも「ちなみに「国秀集」は、これを孟浩然の作とするが、現存の「孟浩然集」には収録されていないという事情もあり、しばらく、丁仙芝の作として取り扱っておく。」とある。

【追記:2016年11月7日】
「全唐詩庫」で著者から検索をしてみると、2人ともに「渡扬子江」がヒットする。肝心の詩のほうも2句目の2文字以外は一緒である。
 
・丁仙芝 序号14  巻数114 号014 (2句目・空波)
http://www16.zzu.edu.cn/qtss/zzjpoem1.dll/viewoneshi?js=114&ns=014  <最終確認:2016年11月7日>
・孟浩然 序号122 巻数160 号122 (2句目・京江)
http://www16.zzu.edu.cn/qtss/zzjpoem1.dll/viewoneshi?js=160&ns=122  <最終確認:2016年11月7日>
レファレンスは5句目の「海盡邊陰靜」「海盡邊音靜」についてだが、全唐詩庫では「海尽边阴静」となっている。

そこで全唐詩庫以外の「全唐詩」を検索できるサイトを2つ確認した。
・キーワード「全唐詩 渡揚子江」にて検索
「維基文庫、自由的圖書館」
https://zh.wikisource.org/wiki/%E6%B8%A1%E6%8F%9A%E5%AD%90%E6%B1%9F
「全唐詩全文檢索」
http://cls.hs.yzu.edu.tw/Tang/tangats/Tang_ATS2012/Srch_ListShow.aspx?TsId=03381140006
http://cls.hs.yzu.edu.tw/Tang/tangats/Tang_ATS2012/Srch_ListShow.aspx?TsId=04311600186
<いずれも最終確認:2016年11月7日>
どちらも「海盡邊陰靜」であった。(なお、「盡」は「尽」の、「邊」は「边」の繁体字なので同じ)

「全唐詩庫」で出てきていた「阴」が読めなかったのでネット検索してみる。
「Weblio日中中日辞典」がヒット。読みが「yīn」と判明。
http://cjjc.weblio.jp/content/%E9%98%B4  <最終確認:2016年11月7日>

『講談社中日辞典(第3版)』で「yīn」の項目を確認。「阴」の繁体字が「陰」と判明。
ただし、同じ「yīn」の項目に「音」も確認。

そこで各々の「唐詩選」がどの本を底本としているか確認したが、東方書店以外は複数のものを使用していた。
東方書店は戸崎允明(淡園)のものを使用しており、『漢文大系 第2巻』にて確認できるが、「音」となっている。
岩波書店のものも戸崎允明(淡園)のものを含む複数のものを使用しているが「陰」と違っている。
よって岩波書店は複数の資料により「陰」としたよう。
なお、『国訳漢文大成』(釈清潭 訳・注)においても「音」である。

そもそも「唐詩選」が何なのかを、各資料の序文や『集英社世界文学大事典』にて確認したところ、成り立ちに疑問の残るものであることが判明。
それでもなお、日本においては受け入れられ数々の注釈書が著されたとあり、はっきりとしたことはわからなかった。
いくつかの本が「全唐詩」なども参考にしているとのことだったので、こちらも『集英社世界文学大事典』にて確認。
こちらも「多くの欠陥を有する」とあり「(6)出所の不注記」とあった。
よって、大半の資料は「陰」「音」について記してあるが、「陰」「音」のどちらが正しいかはわからないままとなった。

『中国の古典28』(学研)によると「国秀集」には孟浩然の作、「唐音統籤」には丁仙芝の作としているそうだが、こちらは原文の確認ができなかった。

なお、2句目の違いについては『唐詩選 中』にあるとおり「国秀集」では孟浩然の作とし「京江」に作るとし、そちらの解釈も載っていた。

【追記:2016年12月16日】
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター 寺尾様より、
初唐詩の作者・作品に関する異説について、以下の論文のご紹介があったので追記する。

初唐詩の作者・作品に関する異説について : 宋之問の詩のばあい
安東俊六
中国文学論集 2, p.1-10, 1971-05-01
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/recordID/9823
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/9823/p001.pdf
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921)
参考資料
(Reference materials)
『唐詩選』石川 忠久/校註 東方書店 1989.11 <921ト>, ISBN 4-497-89261-1
『漢詩選 6』齋藤 晌/〔訳〕著 集英社 1996.09 <921カ6>, ISBN 4-08-156106-0
『唐詩選 (新書漢文大系 6)』目加田 誠/〔訳〕著,渡部 英喜/編 明治書院 1996.06 <921ト>, ISBN 4-625-57306-8
『唐詩選 中』高木 正一/著 朝日新聞社 1996.12 <921タ2>, ISBN 4-02-259007-6
『名勝唐詩選 下』高木 重俊/著,石 嘉福/著 日本放送出版協会 1996.07 <921タ2>, ISBN 4-14-001771-6
『唐詩選 上(岩波クラシックス 43)』李 攀竜/編,前野 直彬/注解 岩波書店 1983.09 <921ト>
『講談社中日辞典 第3版』相原 茂/編集 講談社 <R823コ>, ISBN 978-4-06-265343-5
『漢文大系 第2巻 増補版』富山房編集部/編 富山房 <082カ>
『国訳漢文大成 文学部 第5巻』東洋文化協会 <082コ>
『集英社世界文学大事典 2』『世界文学大事典』編集委員会/編 集英社 <R903シ2>, ISBN 4-08-143002-0 (p749-750「全唐詩」)
『中国の古典 28』藤堂 明保/監修 学研 <082チ>, ISBN 4-05-400109-2
キーワード
(Keywords)
丁仙芝
孟浩然
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000070509解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決