このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000070405
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-0A-201005-01
事例作成日
(Creation date)
2008年08月13日登録日時
(Registration date)
2010年08月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2017年05月25日 00時30分
質問
(Question)
神社の鳥居にきざまれていた「夙夜惟寅 直哉惟清」の意味が知りたい。
回答
(Answer)
書経‐舜典の一部。下記の図書2冊と、『日本国語大辞典』(小学館)より、夙夜・清の語意を紹介。

・『新釈漢文大系 25 書経 上』(加藤 常賢/著 明治書院,1983.9)
  本文と書下し文、通釈(p.42.43)、語釈(p.44)あり。

・『漢籍国字解全書 先哲遺著 第6巻 書経』(早稲田大学出版部,1932)
  漢文、書下し文の記述(p51)あり。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)を検索(資料3)
“夙夜惟寅”で検索。

『日本国語大事典』(小学館)のしゅく‐や【夙夜】・せい【清】の項目の用例(書経‐舜典「夙夜惟寅、直哉惟清」)が見つかる。
「夙夜」は、「朝早くから夜遅くまで。あけくれ。一日中。昼夜。
「清」は、「澄みきってきよいこと。けがれのないこと。さっぱりしていること。また、そのさま。」
東洋文庫の全文検索では見つからず。

2.当館蔵書資料確認
書経の解説書として漢文大系等を確認し、資料1、2が見つかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
Google、Googleブックス http://books.google.com/ (2010.7.23確認)などで検索
中国の「舜典」が典拠に思われる。
NDC
評論.エッセイ.随筆  (924 9版)
中国思想.中国哲学  (122 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0080114217>  漢籍国字解全書 -先哲遺著- 第6巻 書経  早稲田大学出版部 1932  (資料2)
『新釈漢文大系 25 書経 上』 加藤 常賢/著 明治書院,1983.9<当館書誌ID:0000243065> (資料1)
商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等) (資料3)
キーワード
(Keywords)
夙夜惟寅 直哉惟清
書経
舜典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
書経中国の経書。五経の一。20巻、58編。孔子の編といわれる。尭(ぎょう)・舜(しゅん)から周までの政論・政教を集めたもの。もと「書」「尚書」。宋代から「書経」とよばれる。秦の焚書(ふんしょ)で散逸、前漢の伏生(ふくしょう)の口伝「今文(きんぶん)尚書」と、孔子の旧宅で壁中から発見された「古文尚書」との二系統があったが、現在「古文」とされている「書経」は東晋の梅(ばいさく)の偽作。(『大辞泉』”しょきょう【書経】”の項目より)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000070405解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!